• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

オリ監督に梨田氏浮上 人事の専門家は「組織が硬直化」と指摘

 相も変わらず無難な人事だ。

 福良ヘッドコーチが監督代行のオリックス。一部スポーツ紙は8日、次期監督候補として「梨田昌孝氏(62)が最有力」と報じた。

 梨田氏は「オリックス・バファローズ」の前身のひとつである近鉄出身。オリックスと合併前の00~04年に監督を務めていた。さらに08~11年には日本ハムで指揮を執り、09年はリーグ優勝に導いている。球団OBでもあるので無難といえば無難かもしれないが、オリックスが本気で梨田氏に後任を任せるとすれば、これほどつまらない人事もない。

 すでに他球団の手あかがついた人材を再登板させても新鮮味はない。近年はロッテの伊東監督も、西武で07年まで指揮を執っていた。助っ人だけでなく、監督まで使い回しでは興が冷めるというものだろう。

 長年のプロ野球ファンでビジネス評論家の菅野宏三氏は、「組織が硬直化している」とこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  3. 3

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  4. 4

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  5. 5

    「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

  6. 6

    今季ワースト4日間7097人 男子ツアーの閑古鳥は誰の責任か

  7. 7

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  8. 8

    降って湧いた放映権問題で…LPGAと大会主催者の対立が激化

  9. 9

    iPhone入手困難に? 米との貿易戦争激化で中国に“奥の手”

  10. 10

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

もっと見る