オリ監督に梨田氏浮上 人事の専門家は「組織が硬直化」と指摘

公開日: 更新日:

 相も変わらず無難な人事だ。

 福良ヘッドコーチが監督代行のオリックス。一部スポーツ紙は8日、次期監督候補として「梨田昌孝氏(62)が最有力」と報じた。

 梨田氏は「オリックス・バファローズ」の前身のひとつである近鉄出身。オリックスと合併前の00~04年に監督を務めていた。さらに08~11年には日本ハムで指揮を執り、09年はリーグ優勝に導いている。球団OBでもあるので無難といえば無難かもしれないが、オリックスが本気で梨田氏に後任を任せるとすれば、これほどつまらない人事もない。

 すでに他球団の手あかがついた人材を再登板させても新鮮味はない。近年はロッテの伊東監督も、西武で07年まで指揮を執っていた。助っ人だけでなく、監督まで使い回しでは興が冷めるというものだろう。

 長年のプロ野球ファンでビジネス評論家の菅野宏三氏は、「組織が硬直化している」とこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  2. 2

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  3. 3

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  4. 4

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  5. 5

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  6. 6

    木村花さん死去「テラハ」敏腕プロデューサーM女史の評判

  7. 7

    遅刻の虎藤浪は無期限二軍も…「メジャー挑戦が最善」の声

  8. 8

    石田純一は沖縄で女性と会食…東尾理子激怒で三くだり半か

  9. 9

    安藤裕氏 コロナ禍こそ平成の経済対策に終止符を打つべき

  10. 10

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

もっと見る