• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

指導経験ゼロでも…阪神が金本氏に「監督要請」する理由

 30日、球団取締役会で和田監督(53)の退任を承認。本人からの申し出を了承したと発表した。

 現時点で次期監督の最有力候補はOBの金本知憲氏(47)。「(人事のことは)言えません」と坂井オーナーが口を閉ざせば、南球団社長は「これからです」とコメントしたが、さる阪神担当記者によれば「内部に05年の優勝監督である岡田彰布(57)を推す声があるのは事実ですけど、電鉄本社役員のほとんどは金本でいきたいと考えている」そうだ。

 金本氏は阪神時代、4番打者として03年と05年のリーグ優勝に貢献。連続試合フルイニング出場(1492試合)の世界記録も達成した。関西方面での知名度や人気は若手OBの中でも群を抜いている。

 しかし、12年のシーズンを最後に引退してから、指導者としての実績がまったくない。これまで阪神からコーチとしてのオファーはあったが、一度もユニホームを着ないまま今日に至っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  4. 4

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  5. 5

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    進次郎氏当日まで完黙…裏に父・小泉元首相“ゴルフ密約説”

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    ロング丈ワンピ姿に注目 前田敦子はやっぱり“おめでた”か

  10. 10

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

もっと見る