編成方針巡りフロントと衝突…DeNA中畑監督「辞任」の真相

公開日:  更新日:

 DeNAの中畑清監督(61)が今季限りで退任することになった。9月30日に池田純球団社長、高田繁GMらフロントと会談し、成績不振のため辞意を申し入れた。

 2日にも最終会談を行い、南場智子オーナーが慰留に努めるが、本人の意志が固いことから退団は避けられない見込みだ。

 就任4年目の今季は5月に快進撃を見せて前半戦を首位で折り返したが、後半戦は失速。先発陣の不振もあり、後半戦はここまで20勝36敗(9月29日終了時)と大きく負け越し、10年連続Bクラス、8年連続5位以下が確定した。

 中畑監督の采配に賛否の声があるとはいえ、DeNA低迷の最大の原因は戦力不足であることは否定できない。特にバッテリーの人材不足は深刻。指揮官が「優勝するには何より投手力が必要」「捕手がド素人」とこぼすほどで、エースと正捕手不在に最後まで頭を抱えていた。

 中畑監督はコーチ人事の刷新を求めたが、受け入れられなかったため、辞意を固めたそうだが、編成方針を巡る意見の食い違いもユニホームを脱ぐ理由の一つとみられる。

 球団は今後、中畑監督の後任探しに着手するが、今オフのDeNAは慌ただしくなりそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

もっと見る