観客動員18%増…DeNA中畑監督は辞めたくても辞められず?

公開日: 更新日:

 大幅増だった。11日、セ・パ両リーグが10日までの観客動員数を発表。巨人を除く11球団で動員数が増える中、出色の数字をたたき出したのがDeNA。1試合平均で2万5336人。前年比で18.3%も増やした。

 今季のDeNAは開幕直後に快進撃を遂げ、観客動員も急上昇。前半戦は17年ぶりの首位ターンを決め、球団は早々と球宴期間中に中畑監督に来季続投を要請した。

 ところが後半戦は、一転して成績は低迷。早ければ18日にもCS進出が完全消滅する。中畑監督は先日、池田社長、高田GMと会談。高田GMは続投方針に変化がないことを強調したが、指揮官は「オレの中では(気持ちが)変わってきてた。気持ちよく引き受けるためには、グラウンドで結果を出してこそ」とトーンが低かった。「就任1年目から一度も5位以上の成績を残せていない。常々、『責任』という言葉を口にする人だから、潔くユニホームを脱ぐかもしれない」という周辺の声も少なくないのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  2. 2

    芦名星さん謎だらけの突然死“遺作グラビア”現場では笑い声

  3. 3

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  4. 4

    大坂なおみ全米2度目Vで稼ぎは? “BLM”貫き米財界が熱視線

  5. 5

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  6. 6

    岡部大「エール」で弟子役を好演 菅首相以上の“秋田の星”

  7. 7

    石破茂氏だけじゃなかった…菅新首相の露骨な「岸田潰し」

  8. 8

    大坂なおみ驚きの“アゲマン効果”…恋人ラッパーは超有名に

  9. 9

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  10. 10

    銚子電鉄 袖山里穂さん<前>アイドル車掌は会社をどう見る

もっと見る