観客動員18%増…DeNA中畑監督は辞めたくても辞められず?

公開日:  更新日:

 大幅増だった。11日、セ・パ両リーグが10日までの観客動員数を発表。巨人を除く11球団で動員数が増える中、出色の数字をたたき出したのがDeNA。1試合平均で2万5336人。前年比で18.3%も増やした。

 今季のDeNAは開幕直後に快進撃を遂げ、観客動員も急上昇。前半戦は17年ぶりの首位ターンを決め、球団は早々と球宴期間中に中畑監督に来季続投を要請した。

 ところが後半戦は、一転して成績は低迷。早ければ18日にもCS進出が完全消滅する。中畑監督は先日、池田社長、高田GMと会談。高田GMは続投方針に変化がないことを強調したが、指揮官は「オレの中では(気持ちが)変わってきてた。気持ちよく引き受けるためには、グラウンドで結果を出してこそ」とトーンが低かった。「就任1年目から一度も5位以上の成績を残せていない。常々、『責任』という言葉を口にする人だから、潔くユニホームを脱ぐかもしれない」という周辺の声も少なくないのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る