山崎康「新人最多セーブ」の真価はDeNAのシーズン成績次第

公開日:  更新日:

 20日のヤクルト戦。DeNAの守護神山崎康晃(22)が1点差の九回にマウンドへ上がると、球場全体から「ヤスアキ」コールが沸き起こった。記録を期待する本拠地の異様な雰囲気にのまれることなく、6番から始まるヤクルト打線を3人でピシャリ。亜大の先輩・与田剛氏(元中日)に並んでいたプロ野球新人最多記録を更新する32セーブ目を挙げ、「大きな記録を超えられ光栄」と笑顔を浮かべた。

「フォークのように落ちる決め球のツーシームに注目が集まるが、評価したいのはそのコントロール。チームの先輩である大魔神佐々木も中日の岩瀬にしても、決して高めに浮かない制球力があったからこそストッパーに君臨できた。スピード、決め球以上にこれが抑えの重要条件。山崎康にはその素地がある」(評論家の高橋善正氏)

 ベテラン球界OBの中には、「Bクラス球団の守護神ほど無意味なものはない」と言う人もいる。基本的にセーブのつく場面でしかマウンドに上がらない抑えは、先発と中継ぎ、それに攻撃陣のお膳立てがあって初めて仕事になるポジション。勝ち試合にしか投げないから、弱い球団では登板機会自体も限られる。それじゃあ、チームへの貢献度はたかが知れている、というわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  2. 2

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  5. 5

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  6. 6

    お手本は韓国…政府推進「キャッシュレス社会」の恐ろしさ

  7. 7

    日清食品が駅伝撤退の波紋 錦織&大坂との巨額契約も負担か

  8. 8

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  9. 9

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

  10. 10

    協議打ち切り…日韓レーダー照射問題をこじらせた政治の罪

もっと見る