ドラ2石田がプロ初勝利 ベイは上位5人が1軍の“当たり年”

公開日:  更新日:

「(山崎)康晃とリレーするのが僕の目標だった。できてうれしいです」

 DeNAのドラフト2位左腕・石田健大(22=法大)が6日、中日戦でプロ初勝利。8回124球、3安打、9奪三振の力投だった。九回は同期入団でドラフト1位の山崎康(22=亜大)にバトンを託し、新人リレーで中日に競り勝った。

 今季のDeNAは新人の当たり年だ。フロント、現場が大卒以上の新人を積極的に起用する方針を掲げているとはいえ、山崎がリーグ3位の27セーブの大活躍。ドラフト3位の倉本(24=日本新薬)は遊撃で開幕スタメンを果たし、ここまで77試合に出場。4位の左腕・福地(25=三菱日立パワーシステムズ横浜)は中継ぎとして9試合に登板。5位の山下(22=国学院大)も開幕一軍に抜擢され、不調で二軍落ちしたが、力をつけて7月28日に再登録された。6位、7位の高卒新人を除いた全員が一軍で戦力になっているのは近年では珍しい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  2. 2

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  3. 3

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  4. 4

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

  5. 5

    “NHKシフト”へ本格始動と話題 内村光良が日テレを見切る日

  6. 6

    広島移籍の長野が本音を吐露「新井さんの代わり荷が重い」

  7. 7

    メディアは国のトップ発言の垂れ流しを終わりにするべき

  8. 8

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  9. 9

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  10. 10

    鈴木誠也の2位指名は“凡打ばかりのプレゼン”も一役買った

もっと見る