ドラ2石田がプロ初勝利 ベイは上位5人が1軍の“当たり年”

公開日:  更新日:

「(山崎)康晃とリレーするのが僕の目標だった。できてうれしいです」

 DeNAのドラフト2位左腕・石田健大(22=法大)が6日、中日戦でプロ初勝利。8回124球、3安打、9奪三振の力投だった。九回は同期入団でドラフト1位の山崎康(22=亜大)にバトンを託し、新人リレーで中日に競り勝った。

 今季のDeNAは新人の当たり年だ。フロント、現場が大卒以上の新人を積極的に起用する方針を掲げているとはいえ、山崎がリーグ3位の27セーブの大活躍。ドラフト3位の倉本(24=日本新薬)は遊撃で開幕スタメンを果たし、ここまで77試合に出場。4位の左腕・福地(25=三菱日立パワーシステムズ横浜)は中継ぎとして9試合に登板。5位の山下(22=国学院大)も開幕一軍に抜擢され、不調で二軍落ちしたが、力をつけて7月28日に再登録された。6位、7位の高卒新人を除いた全員が一軍で戦力になっているのは近年では珍しい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  7. 7

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  8. 8

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

  9. 9

    広島1位・小園海斗の成長に一役…父語る400万円の秘密兵器

  10. 10

    歴史は繰り返す 「分断か共生か」の対立が招く3度目の大戦

もっと見る