マネジャーが見たヤクルト真中監督は“気遣い”の人だった

公開日:  更新日:

 就任1年目の真中監督を支え続けた丸山泰嗣監督付マネジャー(一軍総務補佐)が指揮官の素顔を語る。

 ◇ ◇ ◇ 

 真中監督には僕が08年に二軍マネジャーになった時から、何かと気にかけていただいています。一軍監督になった今も食事の席で「どんどん飲めよ」と監督自ら酒をついでくださることも。

 キャンプで監督の送り迎えをする車を運転中に急ブレーキをかけ、ウトウトとしている監督を起こしてしまったこともあります。「しまった」と思ってすぐに謝罪しましたが、その後、「車で寝ると、タイジにブレーキで起こされるんだよ」と周囲に言って笑いにしてくれました。僕が気にしないようにしてくれたのだと思います。

 昨秋キャンプ、監督としての「初采配」となった四国IL・愛媛との練習試合で初勝利を挙げると、ウイニングボールをプレゼントしてくれました。「こんな大事なものをいただいていいんですか?」と恐縮していると、「いいんだよ。これからいっぱい勝つから」と。家に大事に飾っています。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  8. 8

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  9. 9

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  10. 10

    前JGTO副会長が吐露 男子2試合“消滅”は青木功会長が招いた

もっと見る