• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

U-18W杯V逸も…先輩たちが語る清宮「グラウンド外の素顔」

「とにかく悔しいの一言。4番として何の力にもなれなかった」

 悲願の世界一を逃した日本代表で唯一、1年生でメンバー入りしたU―18日本代表の清宮幸太郎(早実=1年)は目を真っ赤にして悔しがった。6日の米国との決勝は4打数1安打2三振。

「足を引っ張った。迷惑ばかりかけて、申し訳ない思いでいっぱい」と自分を責める言葉が止まらなかったが、史上初の1年生4番はこの大会期間中、先輩に対しても物おじすることはなかった。

 今秋のドラフト1位候補のオコエ(関東一=3年)とは、グラウンドを離れても一緒に行動することが多く、まるで友達付き合い。予選初戦のブラジル戦後の取材中、テレビ局の囲み取材を終えた清宮は、オコエとバトンタッチ。先輩から飲みかけのペットボトルを預かった清宮は「ハイ、頑張ってください」と尻を叩いて取材に送り出した。練習中には尻相撲をやったり、清宮がオコエに指鳴らしを伝授したり、先輩後輩の枠を超えた関係を築いた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  5. 5

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  6. 6

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  7. 7

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  8. 8

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  9. 9

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  10. 10

    安室奈美恵9.16引退余話 沖縄への“置き土産”は数十億円

もっと見る