日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
松井大輔
著者のコラム一覧
松井大輔

1981年5月11日、京都市生まれ。鹿児島実から00年に京都入り。04年に仏ルマンに移籍。サンテティエンヌ、グルノーブル、ティジョンでもプレー。ロシア、ブルガリア、ポーランドを経て14年にジュビロ磐田入り。小学校以来のゲーム主将を務める。身長175センチ、体重67キロ。血液型O型。

松本戦で「進化できる手応え」を感じた

 3日はJ1自動昇格圏内の2位を争う松本山雅との直接対決でした。

 3位のジュビロ磐田は2位の松本に勝ち点4差をつけられ、絶対に勝たないといけない試合だった。5月のアウェー戦を欠場した時、相手の反町(康治)監督が「松井がいた方が良かった。ボールを奪えるチャンスだから」と発言したと聞いて、かなり燃えましたね。いいモチベーターになってくれました。感謝したいです(笑い)。

 最初の決定機はジュビロ。前半15分にDF伊野波(雅彦)がロングボールを出した瞬間、僕は一瞬の動きで左からゴール前に抜け出しました。対面のDF田中隼磨の背後のスペースが空いてるのが見えていたからです。

 ボールを受けてクロスを上げた瞬間、FWアベちゃん(阿部吉朗)がゴール前でフリーになったんで、完全に入ったと思いました。でもシュートはクロスバー。悔しかったですね。もう少しクロスが上だったらアベちゃんも完璧なシュートを決められた。自分のパスコースが甘かったのかなと反省しています。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事