松井大輔
著者のコラム一覧
松井大輔

1981年5月11日、京都市生まれ。鹿児島実から00年に京都入り。04年に仏ルマンに移籍。サンテティエンヌ、グルノーブル、ティジョンでもプレー。ロシア、ブルガリア、ポーランドを経て14年にジュビロ磐田入り。小学校以来のゲーム主将を務める。身長175センチ、体重67キロ。血液型O型。

松本戦で「進化できる手応え」を感じた

公開日:  更新日:

 3日はJ1自動昇格圏内の2位を争う松本山雅との直接対決でした。

 3位のジュビロ磐田は2位の松本に勝ち点4差をつけられ、絶対に勝たないといけない試合だった。5月のアウェー戦を欠場した時、相手の反町(康治)監督が「松井がいた方が良かった。ボールを奪えるチャンスだから」と発言したと聞いて、かなり燃えましたね。いいモチベーターになってくれました。感謝したいです(笑い)。

 最初の決定機はジュビロ。前半15分にDF伊野波(雅彦)がロングボールを出した瞬間、僕は一瞬の動きで左からゴール前に抜け出しました。対面のDF田中隼磨の背後のスペースが空いてるのが見えていたからです。

 ボールを受けてクロスを上げた瞬間、FWアベちゃん(阿部吉朗)がゴール前でフリーになったんで、完全に入ったと思いました。でもシュートはクロスバー。悔しかったですね。もう少しクロスが上だったらアベちゃんも完璧なシュートを決められた。自分のパスコースが甘かったのかなと反省しています。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  7. 7

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る