六川亨
著者のコラム一覧
六川亨サッカージャーナリスト

1957年、東京都板橋区出まれ。法政大卒。月刊サッカーダイジェストの記者を振り出しに隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長を歴任。01年にサカダイを離れ、CALCIO2002の編集長を兼務しながら浦和レッズマガジンなど数誌を創刊。W杯、EURO、南米選手権、五輪などを精力的に取材。10年3月にフリーのサッカージャーナリストに。携帯サイト「超ワールドサッカー」でメルマガやコラムを長年執筆。主な著書に「Jリーグ・レジェンド」シリーズ、「Jリーグ・スーパーゴールズ」、「サッカー戦術ルネッサンス」、「ストライカー特別講座」(東邦出版)など。

大学生チームは1992年のバルセロナ五輪予選で惨敗した

公開日: 更新日:

サッカー日本五輪代表物語 #3

 ワールドカップ(W杯)の優勝国は覚えていても、オリンピック(五輪)で金メダルを獲得した国を覚えているファンやサポーターは少ないだろう。

 まして日本が出場していない1996年アトランタ五輪以前の大会なら、なおさらだ。その中でも地味な大会となったのが、1992年バルセロナ五輪である。

 というのもバルセロナ五輪からサッカーは〈23歳以下の大会〉になったからだ。

 プロもアマも、W杯に出場した選手も参加できるようになったが、年齢制限なしのオーバーエイジ(OA)枠もなかった。当時の注目度は、さほど高くなかった。

 さて日本である。

 1989年のイタリアW杯アジア1次予選で北朝鮮の後塵を拝してしまった日本代表。

 4年前のメキシコW杯アジア予選と2年前のソウル五輪アジア予選では、最終予選まで勝ち進んだだけに1次予選敗退にファンが落胆したのも当然だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    田中圭の気になる進退…コロナ禍の誕生日パーティーで大炎上、ファンもドン引き

  2. 2

    菅総理は「ご飯論法」にさえなっていない 身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ

  3. 3

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  4. 4

    AKB48“未婚の初代神7”小嶋陽菜 ゴールインは大島優子の結婚報道でむしろ「遠のいた」

  5. 5

    <8>高橋尚子は五輪直前に左脚を故障、シューズに対する考えを変えた

  6. 6

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  7. 7

    島根県の丸山知事の“一時避難帰省支援”が再注目「医療崩壊の首都圏に住む県民近親者を守る」

  8. 8

    東京五輪に世界中から「ワースト」の不名誉…コロナ禍で強行し米NBC視聴率ボロボロ

  9. 9

    常識で考えろ! 安倍前首相「不起訴不当」が意味するもの

  10. 10

    東京五輪に注ぎ込んだカネは3兆円超…閉会後に始まる「不明瞭な会計」への大追及

もっと見る