神宮経験なしのソフトバンク 首脳陣が頼る川島の“データ”

公開日:  更新日:

 たかが球場、されど球場だ。

 12球団随一の選手層の厚さで、いまや「球界に敵なし」と言われているソフトバンク。そんな常勝球団が神宮球場に怯えているという。

 ヤクルトは今季、神宮球場で44勝22敗1分け。本拠地球場での貯金22は12球団トップの数字だ。ソフトバンクでさえ、ヤフオクドームでは41勝23敗3分け。貯金18でヤクルトには及ばなかった。

 ソフトバンクは今季、神宮球場で一度も試合をしていない。交流戦はヤフオクドームでの3試合のみ。球場に限れば、一方的なハンディとなりかねないのだ。

 そこで工藤監督ら首脳陣が頼りにしているのが川島慶三(32)だ。昨季7月に複数トレードでソフトバンクに移籍。08年からヤクルトでプレーしており、神宮球場を知り尽くす。日本シリーズが始まるまで、工藤監督は川島をそばに置いて、「マウンドの傾斜は? 打球の弾みやすさは?」なんて質問攻めにして対策を練るかもしれない。

 ただし、神宮球場のマウンドは今季からより硬くなり、人工芝も新調されている。川島の記憶がどこまでアテになるか……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    消費税撤廃に続き…有言実行のマレーシア首相が反原発宣言

  10. 10

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

もっと見る