神宮経験なしのソフトバンク 首脳陣が頼る川島の“データ”

公開日:  更新日:

 たかが球場、されど球場だ。

 12球団随一の選手層の厚さで、いまや「球界に敵なし」と言われているソフトバンク。そんな常勝球団が神宮球場に怯えているという。

 ヤクルトは今季、神宮球場で44勝22敗1分け。本拠地球場での貯金22は12球団トップの数字だ。ソフトバンクでさえ、ヤフオクドームでは41勝23敗3分け。貯金18でヤクルトには及ばなかった。

 ソフトバンクは今季、神宮球場で一度も試合をしていない。交流戦はヤフオクドームでの3試合のみ。球場に限れば、一方的なハンディとなりかねないのだ。

 そこで工藤監督ら首脳陣が頼りにしているのが川島慶三(32)だ。昨季7月に複数トレードでソフトバンクに移籍。08年からヤクルトでプレーしており、神宮球場を知り尽くす。日本シリーズが始まるまで、工藤監督は川島をそばに置いて、「マウンドの傾斜は? 打球の弾みやすさは?」なんて質問攻めにして対策を練るかもしれない。

 ただし、神宮球場のマウンドは今季からより硬くなり、人工芝も新調されている。川島の記憶がどこまでアテになるか……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  5. 5

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る