神宮経験なしのソフトバンク 首脳陣が頼る川島の“データ”

公開日: 更新日:

 たかが球場、されど球場だ。

 12球団随一の選手層の厚さで、いまや「球界に敵なし」と言われているソフトバンク。そんな常勝球団が神宮球場に怯えているという。

 ヤクルトは今季、神宮球場で44勝22敗1分け。本拠地球場での貯金22は12球団トップの数字だ。ソフトバンクでさえ、ヤフオクドームでは41勝23敗3分け。貯金18でヤクルトには及ばなかった。

 ソフトバンクは今季、神宮球場で一度も試合をしていない。交流戦はヤフオクドームでの3試合のみ。球場に限れば、一方的なハンディとなりかねないのだ。

 そこで工藤監督ら首脳陣が頼りにしているのが川島慶三(32)だ。昨季7月に複数トレードでソフトバンクに移籍。08年からヤクルトでプレーしており、神宮球場を知り尽くす。日本シリーズが始まるまで、工藤監督は川島をそばに置いて、「マウンドの傾斜は? 打球の弾みやすさは?」なんて質問攻めにして対策を練るかもしれない。

 ただし、神宮球場のマウンドは今季からより硬くなり、人工芝も新調されている。川島の記憶がどこまでアテになるか……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    トランプ親書を尻に?安倍首相の外交力を海外メディア酷評

  2. 2

    自民が陥った参院選目前の“三重苦” 1人区に逆風で状況一変

  3. 3

    生保調査で分かった 60歳2000人貯蓄の内実と迫る消費不況

  4. 4

    「いだてん」はオワコン NHK早くも「麒麟が来る」必勝態勢

  5. 5

    5%割れなら…NHKが密かに画策「いだてん」終了プラン

  6. 6

    韓国芸能界は騒然…YGヤン会長辞任の波紋と日本への影響

  7. 7

    宮迫「アメトーク!」優良スポンサーCM消滅危機で崖っぷち

  8. 8

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  9. 9

    71年に夫と失踪 園田トシ子さんはイ・スンオクと名乗る

  10. 10

    事故現場の路上で開胸手術!心停止を救った医師に称賛の声

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る