他球団の選手は白旗…ソフトバンク「オフの戦力補強」リスト

公開日:  更新日:

「巨人のV9超え? フツーにあるんじゃないですか。1試合2試合ならまだしも、シーズンを通してソフトバンクに勝てる気がしませんよ」

 こう嘆くのは、パ球団の主力選手だ。ソフトバンクは今季、貯金41でリーグ2連覇を達成。CSファイナルステージも3位から這い上がってきたロッテを3戦全勝で蹴散らし、早くも日本シリーズ出場を決めた。

 それでも補強の手を緩める気はさらさらない。その手始めが、カブスを戦力外になった和田(34)だ。ただでさえ、ソフトバンクは和田にとって古巣。面倒見の良い人柄を慕う選手も多い。後藤球団社長も「日本に戻ってくるなら、我々も強い関心がある」と話すように、日本復帰なら本腰を入れて交渉に乗り出すことは間違いない。

 さらにFA捕手にも触手を伸ばす方向という。西武の炭谷(28)、楽天の嶋(30)、日本ハムの大野(28)が今オフFA移籍濃厚。ソフトバンクには細川(35)、鶴岡(34)というFAで獲得した捕手が2人いるが、いずれもトシがトシ。将来の正捕手候補と期待が高い10年ドラ1の斐紹(23)も、シーズンを通してマスクをかぶらせるにはまだ不安が残る。唯一の弱点ともいえる捕手問題が解決すれば、いよいよ隙がなくなる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る