• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

他球団の選手は白旗…ソフトバンク「オフの戦力補強」リスト

「巨人のV9超え? フツーにあるんじゃないですか。1試合2試合ならまだしも、シーズンを通してソフトバンクに勝てる気がしませんよ」

 こう嘆くのは、パ球団の主力選手だ。ソフトバンクは今季、貯金41でリーグ2連覇を達成。CSファイナルステージも3位から這い上がってきたロッテを3戦全勝で蹴散らし、早くも日本シリーズ出場を決めた。

 それでも補強の手を緩める気はさらさらない。その手始めが、カブスを戦力外になった和田(34)だ。ただでさえ、ソフトバンクは和田にとって古巣。面倒見の良い人柄を慕う選手も多い。後藤球団社長も「日本に戻ってくるなら、我々も強い関心がある」と話すように、日本復帰なら本腰を入れて交渉に乗り出すことは間違いない。

 さらにFA捕手にも触手を伸ばす方向という。西武の炭谷(28)、楽天の嶋(30)、日本ハムの大野(28)が今オフFA移籍濃厚。ソフトバンクには細川(35)、鶴岡(34)というFAで獲得した捕手が2人いるが、いずれもトシがトシ。将来の正捕手候補と期待が高い10年ドラ1の斐紹(23)も、シーズンを通してマスクをかぶらせるにはまだ不安が残る。唯一の弱点ともいえる捕手問題が解決すれば、いよいよ隙がなくなる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    前田敦子とスピード婚も…周囲が懸念する勝地涼の女グセ

  2. 2

    うつ男性に「一歩ずつ」…シュワちゃん“神対応”に絶賛の嵐

  3. 3

    生き残るのは? 主演の前田敦子と脇役で力つける大島優子

  4. 4

    石破氏に総裁選勝算あり 地方票を4割取れば安倍首相マッ青

  5. 5

    金足農・吉田輝星を蝕む「登板過多」評論家も将来を危惧

  6. 6

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  7. 7

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  8. 8

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  9. 9

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  10. 10

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

もっと見る