真中ヤクルトの“隠し玉”は大舞台でソフトBに強い先発左腕

公開日: 更新日:

「予告先発をする必要はないと思っている」

 ヤクルト真中満監督(44)がこう言った。

 巨人を破って24日から始まる日本シリーズ進出が決定したセの覇者。対する相手は巨大戦力を擁し、圧倒的な強さで公式戦、CSを突破したソフトバンク。下馬評では、ソフト有利と見るムキも多いが、ヤクルトも一泡吹かせるべく「情報戦」を展開するようだ。

 予告先発は公式戦、交流戦で導入されているが、シリーズは原則ナシ。

「予告」する場合はセ・パ両監督の合意の上で決定される。昨年、一昨年は予告先発になったものの、それ以前となると05年(阪神ロッテ)まで遡る。ただでさえヤクルトはソフトとは戦力差があるのだから、ガチンコ勝負では分が悪い。

 ヤクルトの先発陣は、小川、石川、館山に加えて、杉浦、石山の5人。しかしチーム関係者は、「ソフトバンクは『初モノ』に弱いといわれている。ロッテのイ・デウン、西武の郭には初対戦でやられている。ウチには山中、新垣というソフトバンクからの移籍組がいて、2人は古巣相手に公式戦で一度も投げていないからね」と不敵な笑みを浮かべる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マツコ「ホンマでっか」降板 カネより義理、裏方との関係

  2. 2

    ジャパンライフ詐欺は安倍‐菅案件 行政大甘対応の根源

  3. 3

    原監督はG史上最多の1067勝 なぜ他からオファーがない?

  4. 4

    自民党総裁選 カッコ悪い大人たちにど汚いもの見せられた

  5. 5

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  6. 6

    平沢復興相 前首相の私怨で冷遇…入閣に“故郷”は冷めた声

  7. 7

    自民コロナ陽性も濃厚接触者ゼロ 保健所“上級国民”優遇か

  8. 8

    実父は有名な成功者 菅首相は苦労人どころか“お坊ちゃん”

  9. 9

    山口達也容疑者の飲酒事故がTOKIO松岡の仕事に影を落とす

  10. 10

    競泳・瀬戸大也に不倫認めスポンサー激震…夫婦でCM出演

もっと見る