真中ヤクルトの“隠し玉”は大舞台でソフトBに強い先発左腕

公開日:  更新日:

「予告先発をする必要はないと思っている」

 ヤクルトの真中満監督(44)がこう言った。

 巨人を破って24日から始まる日本シリーズ進出が決定したセの覇者。対する相手は巨大戦力を擁し、圧倒的な強さで公式戦、CSを突破したソフトバンク。下馬評では、ソフト有利と見るムキも多いが、ヤクルトも一泡吹かせるべく「情報戦」を展開するようだ。

 予告先発は公式戦、交流戦で導入されているが、シリーズは原則ナシ。

「予告」する場合はセ・パ両監督の合意の上で決定される。昨年、一昨年は予告先発になったものの、それ以前となると05年(阪神対ロッテ)まで遡る。ただでさえヤクルトはソフトとは戦力差があるのだから、ガチンコ勝負では分が悪い。

 ヤクルトの先発陣は、小川、石川、館山に加えて、杉浦、石山の5人。しかしチーム関係者は、「ソフトバンクは『初モノ』に弱いといわれている。ロッテのイ・デウン、西武の郭には初対戦でやられている。ウチには山中、新垣というソフトバンクからの移籍組がいて、2人は古巣相手に公式戦で一度も投げていないからね」と不敵な笑みを浮かべる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  9. 9

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る