真中ヤクルトの“隠し玉”は大舞台でソフトBに強い先発左腕

公開日: 更新日:

「予告先発をする必要はないと思っている」

 ヤクルトの真中満監督(44)がこう言った。

 巨人を破って24日から始まる日本シリーズ進出が決定したセの覇者。対する相手は巨大戦力を擁し、圧倒的な強さで公式戦、CSを突破したソフトバンク。下馬評では、ソフト有利と見るムキも多いが、ヤクルトも一泡吹かせるべく「情報戦」を展開するようだ。

 予告先発は公式戦、交流戦で導入されているが、シリーズは原則ナシ。

「予告」する場合はセ・パ両監督の合意の上で決定される。昨年、一昨年は予告先発になったものの、それ以前となると05年(阪神対ロッテ)まで遡る。ただでさえヤクルトはソフトとは戦力差があるのだから、ガチンコ勝負では分が悪い。

 ヤクルトの先発陣は、小川、石川、館山に加えて、杉浦、石山の5人。しかしチーム関係者は、「ソフトバンクは『初モノ』に弱いといわれている。ロッテのイ・デウン、西武の郭には初対戦でやられている。ウチには山中、新垣というソフトバンクからの移籍組がいて、2人は古巣相手に公式戦で一度も投げていないからね」と不敵な笑みを浮かべる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事故現場の路上で開胸手術!心停止を救った医師に称賛の声

  2. 2

    自民が陥った参院選目前の“三重苦” 1人区に逆風で状況一変

  3. 3

    安倍首相は真っ青「年金返せデモ」でよぎる“12年前の大敗”

  4. 4

    全米爆笑!バスに乗り遅れ学校サボった男の子の“弁明書”

  5. 5

    安倍政権が露骨スリ寄り 吉本興業と“ズブズブ”三文芝居

  6. 6

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  7. 7

    巨人・小林「銀さんに全部負け」直撃取材に“弱気発言”連発

  8. 8

    「集団左遷!!」福山雅治さんに心配してもらった大人の部活

  9. 9

    日本人も加担 瀬取りの元祖は日朝諜報機関の“接触”だった

  10. 10

    低迷する「いきなり!ステーキ」 V字回復への起死回生策は

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る