虎金本と同じ手法 巨人新監督「由伸一本化」に巧妙“囲い込み”

公開日: 更新日:

 巨人の桃井恒和球団会長(68)は20日、次期監督候補を高橋由伸外野手兼任コーチ(40)に一本化する方針を明らかにした。

 球団は原辰徳監督(57)の後任としてOBの江川卓氏(60)を軸に調整していたが、交渉が難航。新監督候補を高橋由に一本化し、同日夕方にも交渉を行う。

 今季の高橋由は、打率.278、5本塁打、21打点も、代打の成績は・395。本人は、まだ一軍の戦力になれるという自信を持っており、来季も現役を続行する意向が強い。

 球団幹部は19日、原監督の退任会見が終わった数時間後、「高橋一本化」を認めていた。マスコミが大きく報じることを前提にしての発言だった。阪神の監督就任要請に「荷が重すぎる」と固辞していた金本も、スポーツ紙の報道で「外堀」を埋められ、最終的に受託した。

「長期の監督不在を避けたい巨人も同様の流れをつくり、由伸にイエスと言わせたい」(巨人OB)

 球団は22日のドラフト会議までには新監督を決めたいようだが、高橋との交渉には時間がかかることも予想される。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    トランプ親書を尻に?安倍首相の外交力を海外メディア酷評

  2. 2

    自民が陥った参院選目前の“三重苦” 1人区に逆風で状況一変

  3. 3

    生保調査で分かった 60歳2000人貯蓄の内実と迫る消費不況

  4. 4

    「いだてん」はオワコン NHK早くも「麒麟が来る」必勝態勢

  5. 5

    5%割れなら…NHKが密かに画策「いだてん」終了プラン

  6. 6

    韓国芸能界は騒然…YGヤン会長辞任の波紋と日本への影響

  7. 7

    宮迫「アメトーク!」優良スポンサーCM消滅危機で崖っぷち

  8. 8

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  9. 9

    71年に夫と失踪 園田トシ子さんはイ・スンオクと名乗る

  10. 10

    事故現場の路上で開胸手術!心停止を救った医師に称賛の声

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る