虎金本と同じ手法 巨人新監督「由伸一本化」に巧妙“囲い込み”

公開日: 更新日:

 巨人の桃井恒和球団会長(68)は20日、次期監督候補を高橋由伸外野手兼任コーチ(40)に一本化する方針を明らかにした。

 球団は原辰徳監督(57)の後任としてOBの江川卓氏(60)を軸に調整していたが、交渉が難航。新監督候補を高橋由に一本化し、同日夕方にも交渉を行う。

 今季の高橋由は、打率.278、5本塁打、21打点も、代打の成績は・395。本人は、まだ一軍の戦力になれるという自信を持っており、来季も現役を続行する意向が強い。

 球団幹部は19日、原監督の退任会見が終わった数時間後、「高橋一本化」を認めていた。マスコミが大きく報じることを前提にしての発言だった。阪神の監督就任要請に「荷が重すぎる」と固辞していた金本も、スポーツ紙の報道で「外堀」を埋められ、最終的に受託した。

「長期の監督不在を避けたい巨人も同様の流れをつくり、由伸にイエスと言わせたい」(巨人OB)

 球団は22日のドラフト会議までには新監督を決めたいようだが、高橋との交渉には時間がかかることも予想される。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    斎藤幸平氏 ウィズコロナで考える“資本主義ではない”社会

  2. 2

    山口達也再逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  3. 3

    8歳で来日したサヘル・ローズさん 母と日本で極貧の日々も

  4. 4

    もし万が一、照ノ富士2場所連続Vなら大関復帰させてやれよ

  5. 5

    つるの剛士Twitter「リスト」流出 ネットがザワついた中身

  6. 6

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  7. 7

    箱根駅伝は無観客開催…背後に透ける「傲慢とカネと宣伝」

  8. 8

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  9. 9

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  10. 10

    巨人余剰戦力「ロッテ澤村に続け」とトレード志願が殺到中

もっと見る