虎金本と同じ手法 巨人新監督「由伸一本化」に巧妙“囲い込み”

公開日:  更新日:

 巨人の桃井恒和球団会長(68)は20日、次期監督候補を高橋由伸外野手兼任コーチ(40)に一本化する方針を明らかにした。

 球団は原辰徳監督(57)の後任としてOBの江川卓氏(60)を軸に調整していたが、交渉が難航。新監督候補を高橋由に一本化し、同日夕方にも交渉を行う。

 今季の高橋由は、打率.278、5本塁打、21打点も、代打の成績は・395。本人は、まだ一軍の戦力になれるという自信を持っており、来季も現役を続行する意向が強い。

 球団幹部は19日、原監督の退任会見が終わった数時間後、「高橋一本化」を認めていた。マスコミが大きく報じることを前提にしての発言だった。阪神の監督就任要請に「荷が重すぎる」と固辞していた金本も、スポーツ紙の報道で「外堀」を埋められ、最終的に受託した。

「長期の監督不在を避けたい巨人も同様の流れをつくり、由伸にイエスと言わせたい」(巨人OB)

 球団は22日のドラフト会議までには新監督を決めたいようだが、高橋との交渉には時間がかかることも予想される。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    【日曜中山11R・オールカマー】今年も絶好調!ルメール レイデオロ

もっと見る