ドラフト目玉の駒大・今永 「左肩痛」後遺症をスカウト不安視

公開日:  更新日:

 ケガさえ完治すれば小笠原(東海大相模)と並ぶドラフトの目玉と言われる駒大の左腕・今永昇太(4年=北筑)。

 春のシーズンを左肩腱板炎で棒に振ったものの、15日の専大戦に先発して8回8奪三振。ストレートは何度も145キロを計測するなど、ネット裏の約30人のスカウトは「復活したとみていい」と口をそろえた。

 しかし、いずれも社交辞令の可能性が高い。

「少なくともスタミナは戻ってないよ」と、あるスカウトがこう続ける。

「序盤は速い球を投げていたけど、四、五回から10キロ近くスピードが落ちた。五回と八回に2点ずつ取られたのはスタミナ不足による制球の乱れが原因。去年の今ごろは完投して九回に148キロを投げたこともある」

 別のスカウトは「左肩は完治してない可能性もある」とみている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

もっと見る