• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ドラフト目玉の駒大・今永 「左肩痛」後遺症をスカウト不安視

 ケガさえ完治すれば小笠原(東海大相模)と並ぶドラフトの目玉と言われる駒大の左腕・今永昇太(4年=北筑)。

 春のシーズンを左肩腱板炎で棒に振ったものの、15日の専大戦に先発して8回8奪三振。ストレートは何度も145キロを計測するなど、ネット裏の約30人のスカウトは「復活したとみていい」と口をそろえた。

 しかし、いずれも社交辞令の可能性が高い。

「少なくともスタミナは戻ってないよ」と、あるスカウトがこう続ける。

「序盤は速い球を投げていたけど、四、五回から10キロ近くスピードが落ちた。五回と八回に2点ずつ取られたのはスタミナ不足による制球の乱れが原因。去年の今ごろは完投して九回に148キロを投げたこともある」

 別のスカウトは「左肩は完治してない可能性もある」とみている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事