プロに7者連続K 来年ドラフト“超目玉”創価大・田中の評価

公開日:  更新日:

 ネット裏で雑談していたスカウトの目が一斉にグラウンドに向いた。

 7月3日に開幕するユニバーシアード(韓国・光州)に臨む大学日本代表の壮行試合として行われた昨29日のNPB選抜との試合。三回から登板した創価大3年の田中正義が、圧巻の投球を見せたのだ。

 4回を投げて7者連続を含む8奪三振の快投。プロの二軍を力でねじ伏せ、一本の安打も許さなかった。MAXは153キロ。一軍経験のある西武山川、ロッテ大嶺翔、ヤクルト谷内らが手も足も出なかった。

 田中は1年夏からエースナンバーを背負った創価高時代に右肩を痛め、外野手に転向。創価大進学後に投手に再転向し、リーグ戦デビューとなった2年春に一気に才能が開花した。

 その年の大学選手権で3勝を挙げ、創価大の4強進出に貢献。一躍、プロ注目の右腕となり、阪神の中村GMは2年生になったばかりの田中をこう絶賛した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  6. 6

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    奇妙な縁が結んだ梅宮辰夫とロバート秋山の幸福な関係

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

もっと見る