プロに7者連続K 来年ドラフト“超目玉”創価大・田中の評価

公開日:  更新日:

 ネット裏で雑談していたスカウトの目が一斉にグラウンドに向いた。

 7月3日に開幕するユニバーシアード(韓国・光州)に臨む大学日本代表の壮行試合として行われた昨29日のNPB選抜との試合。三回から登板した創価大3年の田中正義が、圧巻の投球を見せたのだ。

 4回を投げて7者連続を含む8奪三振の快投。プロの二軍を力でねじ伏せ、一本の安打も許さなかった。MAXは153キロ。一軍経験のある西武山川、ロッテ大嶺翔、ヤクルト谷内らが手も足も出なかった。

 田中は1年夏からエースナンバーを背負った創価高時代に右肩を痛め、外野手に転向。創価大進学後に投手に再転向し、リーグ戦デビューとなった2年春に一気に才能が開花した。

 その年の大学選手権で3勝を挙げ、創価大の4強進出に貢献。一躍、プロ注目の右腕となり、阪神の中村GMは2年生になったばかりの田中をこう絶賛した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る