プロに7者連続K 来年ドラフト“超目玉”創価大・田中の評価

公開日: 更新日:

 ネット裏で雑談していたスカウトの目が一斉にグラウンドに向いた。

 7月3日に開幕するユニバーシアード(韓国・光州)に臨む大学日本代表の壮行試合として行われた昨29日のNPB選抜との試合。三回から登板した創価大3年の田中正義が、圧巻の投球を見せたのだ。

 4回を投げて7者連続を含む8奪三振の快投。プロの二軍を力でねじ伏せ、一本の安打も許さなかった。MAXは153キロ。一軍経験のある西武山川、ロッテ大嶺翔、ヤクルト谷内らが手も足も出なかった。

 田中は1年夏からエースナンバーを背負った創価高時代に右肩を痛め、外野手に転向。創価大進学後に投手に再転向し、リーグ戦デビューとなった2年春に一気に才能が開花した。

 その年の大学選手権で3勝を挙げ、創価大の4強進出に貢献。一躍、プロ注目の右腕となり、阪神の中村GMは2年生になったばかりの田中をこう絶賛した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  2. 2

    「エール」音の妹と裕一の弟子が急接近…「露営の歌」秘話

  3. 3

    優香に女優復帰待望論 衰えぬ美貌で深キョンもタジタジ?

  4. 4

    “青汁王子”こと三崎優太氏のYouTubeでの主張に対する弊社の見解

  5. 5

    悪徳マルチ元会長逮捕で安倍前首相が国会で“球拾い”する日

  6. 6

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  7. 7

    宝くじ億万長者の2人…同じ数字の組み合わせを20年間継続

  8. 8

    「集団就職」の真偽を問いただすと口調が興奮気味に一変

  9. 9

    菅内閣“ご祝儀報道”の裏で着々…真の肝入りは法務と警察

  10. 10

    ドコモ口座詐欺事件で知っておきたい絶対NGな「暗証番号」

もっと見る