横浜での恩師・大矢明彦氏が語る中日・谷繁の“修業時代”

公開日:  更新日:

 中日の谷繁監督兼選手(44)が28日の阪神戦で史上最多となる3018試合出場を果たし、野村克也氏を抜いて、プロ野球記録を更新した。谷繁を横浜時代に監督、コーチとして指導した大矢明彦氏(67)が当時を振り返る。

 3000試合出場がかかった今年4月末の試合前、「先発マスクをかぶってくれよ」と声をかけると、「(送球が)ようやく二塁へ届くようになりました」との言葉が返ってきた。右肩の状態がずっと良くなかったようだ。ただでさえ、捕手は激務。しかも昨年から兼任監督という重責を背負った。今年で44歳。ここまで本当によくやったと思う。十分すぎます。

 僕なんて、30代後半で両膝に水がたまり、医者からこれ以上やったら50歳で歩けなくなりますよと言われて、(38歳で)引退したからね。

 谷繁が長生きできたポイントは佐々木主浩(現評論家)のワンバウンドのフォークを捕れるようになったことに加えて、31歳で中日に移籍したことだろう。レベルの高い投手が揃っていた中日に移り、捕手としての勉強ができるようになった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

もっと見る