横浜での恩師・大矢明彦氏が語る中日・谷繁の“修業時代”

公開日:  更新日:

 中日の谷繁監督兼選手(44)が28日の阪神戦で史上最多となる3018試合出場を果たし、野村克也氏を抜いて、プロ野球記録を更新した。谷繁を横浜時代に監督、コーチとして指導した大矢明彦氏(67)が当時を振り返る。

 3000試合出場がかかった今年4月末の試合前、「先発マスクをかぶってくれよ」と声をかけると、「(送球が)ようやく二塁へ届くようになりました」との言葉が返ってきた。右肩の状態がずっと良くなかったようだ。ただでさえ、捕手は激務。しかも昨年から兼任監督という重責を背負った。今年で44歳。ここまで本当によくやったと思う。十分すぎます。

 僕なんて、30代後半で両膝に水がたまり、医者からこれ以上やったら50歳で歩けなくなりますよと言われて、(38歳で)引退したからね。

 谷繁が長生きできたポイントは佐々木主浩(現評論家)のワンバウンドのフォークを捕れるようになったことに加えて、31歳で中日に移籍したことだろう。レベルの高い投手が揃っていた中日に移り、捕手としての勉強ができるようになった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  3. 3

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  4. 4

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  5. 5

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  6. 6

    英国「合意なきEU離脱」直撃 業績悪化危機の日系企業21社

  7. 7

    虎ファンのヤジもどこ吹く風 阪神ドラ1近本の意外な評判

  8. 8

    石原さとみ結婚or破局? 報道が“真っ二つ”に分かれるワケ

  9. 9

    専門家が解説 空き家処分で悩んだら「3つの選択肢」から

  10. 10

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

もっと見る