楽天は大丈夫? 監督・梨田昌孝氏の“能力”に相次ぐ疑問の声

公開日:  更新日:

 本当に大丈夫なのか。楽天の新監督に就任することが決定的になったといわれる梨田昌孝氏(62)のことだ。

 梨田氏は00年から5年間の近鉄監督を経て、08年に日本ハムの監督に就任。両チームでの監督通算9年間で2度のリーグ優勝(01年、09年)を果たした。経験と実績があるにはあるが、氏のもとでシーズンを送った選手、フロントは「楽天の監督には合わない」と口をそろえる。その根拠は近鉄、日ハム監督時代に共通する一貫したスタンスにある。

 梨田氏の選手起用は、基本的に「超安定志向」。冒険を好まず、若手に期待するより計算の立つ中堅、ベテランを重用する。

 日ハムの監督に就任した08年の選手起用はその典型で、先発ローテーションは当時チームのエースだったダルビッシュ(現レンジャーズ)を中心にグリン、スウィーニー、多田野、武田勝、藤井の6人でほぼ固定。リリーフ陣の顔ぶれも年間通じてほぼ変わらなかった。野手のスタメンも判で押したように、毎試合同じメンツが名を連ねた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る