メジャー目標を明言 プロ志望届のオコエは今も“練習の虫”

公開日:  更新日:

「まずはプロ野球を……やはり日本で一番高いレベルなんで、そこでしっかり戦えれば、自分に力があればメジャーに挑戦したい気持ちはある」

 言葉を選びながら慎重に話したのは、関東一のオコエ瑠偉(3年)だ。15日に行われた進路表明。「監督、家族と相談してプロ志望届を出しました」と話すも、最終目標は米球界であることは隠さなかった。

 進路表明の際にメジャー挑戦を口にした高校生といえば、日本ハムの大谷くらいのもの。菊池(西武)は周囲の説得もあり、断念した経緯がある。口には出さないだけでメジャーに憧れる高校球児は多いが、その多くは漠然とした夢でしかない。

 もちろん、高校から直接海を渡るのはリスクが高い。まずは日本球界で実績をつくってから――とオコエが考えたのかは定かではないにせよ、冒頭の発言は聞く人によっては「日本は腰掛けか」とも受け止められかねない。だからこそ、言葉を選んでしゃべる必要があった。そうしたリスクを冒してまで口にしたのは、オコエなりの覚悟があったからではないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  2. 2

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  3. 3

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  4. 4

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  5. 5

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  6. 6

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

もっと見る