• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

メジャー目標を明言 プロ志望届のオコエは今も“練習の虫”

「まずはプロ野球を……やはり日本で一番高いレベルなんで、そこでしっかり戦えれば、自分に力があればメジャーに挑戦したい気持ちはある」

 言葉を選びながら慎重に話したのは、関東一のオコエ瑠偉(3年)だ。15日に行われた進路表明。「監督、家族と相談してプロ志望届を出しました」と話すも、最終目標は米球界であることは隠さなかった。

 進路表明の際にメジャー挑戦を口にした高校生といえば、日本ハムの大谷くらいのもの。菊池(西武)は周囲の説得もあり、断念した経緯がある。口には出さないだけでメジャーに憧れる高校球児は多いが、その多くは漠然とした夢でしかない。

 もちろん、高校から直接海を渡るのはリスクが高い。まずは日本球界で実績をつくってから――とオコエが考えたのかは定かではないにせよ、冒頭の発言は聞く人によっては「日本は腰掛けか」とも受け止められかねない。だからこそ、言葉を選んでしゃべる必要があった。そうしたリスクを冒してまで口にしたのは、オコエなりの覚悟があったからではないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  5. 5

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    主砲にも日本語でタメ口 エンゼルス大谷「英語力」の謎

  8. 8

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  9. 9

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  10. 10

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

もっと見る