メジャー目標を明言 プロ志望届のオコエは今も“練習の虫”

公開日:  更新日:

「まずはプロ野球を……やはり日本で一番高いレベルなんで、そこでしっかり戦えれば、自分に力があればメジャーに挑戦したい気持ちはある」

 言葉を選びながら慎重に話したのは、関東一のオコエ瑠偉(3年)だ。15日に行われた進路表明。「監督、家族と相談してプロ志望届を出しました」と話すも、最終目標は米球界であることは隠さなかった。

 進路表明の際にメジャー挑戦を口にした高校生といえば、日本ハムの大谷くらいのもの。菊池(西武)は周囲の説得もあり、断念した経緯がある。口には出さないだけでメジャーに憧れる高校球児は多いが、その多くは漠然とした夢でしかない。

 もちろん、高校から直接海を渡るのはリスクが高い。まずは日本球界で実績をつくってから――とオコエが考えたのかは定かではないにせよ、冒頭の発言は聞く人によっては「日本は腰掛けか」とも受け止められかねない。だからこそ、言葉を選んでしゃべる必要があった。そうしたリスクを冒してまで口にしたのは、オコエなりの覚悟があったからではないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る