不振柳田は代役だった ソフトB優勝会見で封印された“事件”

公開日:  更新日:

「さすがに『試合に出ていない選手は無理です』と断られました……」

 こう言って放送関係者が肩を落とす。

 毎年恒例となっている、日本一チームの優勝会見。29日に日本一を決めたソフトバンクは工藤監督以下、MVPを獲得した李大浩らが出席した。

 冒頭の関係者が言う。

「われわれがお願いしていたのはキャプテンの内川なんです。なにせ、今シリーズで活躍した選手は助っ人と脇役ばかりと、地味な顔ぶれでしょう。内川は祝勝会に出席するため、この日、福岡から東京入りしていた。そこでぜひにとお願いしたんですが……」

 当たり前だが、試合に出場した選手を差し置いて、1試合も出ていない選手を優勝会見に出す球団などまずない。日本シリーズ初戦当日に骨折が判明し、涙をのんで欠場を決めた内川でも例外ではないだろう。そこでテレビ各局は「代役」として柳田を指名した。ある球団関係者は「本人は相当渋っていた」と、こう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る