FA松田狙う阪神は金満ソフトBと本気で張り合う気なのか?

公開日:  更新日:

 実現すれば、近年最高の補強になるのは間違いない。

 ソフトバンクの2年連続日本一から一夜明けた30日、複数のスポーツ紙が報じた阪神の「松田取り」だ。

 松田はソフトバンク不動の三塁手として今季は全試合に出場。打率.287、35本塁打、94打点と活躍した。今季が2年契約の最終年。海外FA権を取得しており、本人も「ゆっくり、しっかりと考えます」と言葉を濁している。

 阪神にすれば、三塁を守れる右の強打者は何よりの補強ポイント。今季当初は西岡が三塁手を務めるも、ケガで離脱。後を任された新井、今成も定着するまでには至っていない。

 問題は松田が本当にFA宣言するかどうか。ソフトバンクの生え抜き選手で、現選手会長。ナインからの人望も厚く、妻も地元福岡出身のアナウンサー。成績が落ちれば関西マスコミに袋叩きにされる阪神と違って、九州のマスコミは選手に甘い。将来の幹部候補でもあり、福岡にいれば上げ膳据え膳。これだけの厚遇を捨ててまで、移籍するとは思えない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  3. 3

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  4. 4

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  7. 7

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  8. 8

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  9. 9

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  10. 10

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

もっと見る