FA松田狙う阪神は金満ソフトBと本気で張り合う気なのか?

公開日: 更新日:

 実現すれば、近年最高の補強になるのは間違いない。

 ソフトバンクの2年連続日本一から一夜明けた30日、複数のスポーツ紙が報じた阪神の「松田取り」だ。

 松田はソフトバンク不動の三塁手として今季は全試合に出場。打率.287、35本塁打、94打点と活躍した。今季が2年契約の最終年。海外FA権を取得しており、本人も「ゆっくり、しっかりと考えます」と言葉を濁している。

 阪神にすれば、三塁を守れる右の強打者は何よりの補強ポイント。今季当初は西岡が三塁手を務めるも、ケガで離脱。後を任された新井、今成も定着するまでには至っていない。

 問題は松田が本当にFA宣言するかどうか。ソフトバンクの生え抜き選手で、現選手会長。ナインからの人望も厚く、妻も地元福岡出身のアナウンサー。成績が落ちれば関西マスコミに袋叩きにされる阪神と違って、九州のマスコミは選手に甘い。将来の幹部候補でもあり、福岡にいれば上げ膳据え膳。これだけの厚遇を捨ててまで、移籍するとは思えない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    木下優樹菜に第2、第3の男の影「急転引退」狙いと全舞台裏

  3. 3

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  4. 4

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  5. 5

    手越祐也の新居家賃200万円問題 ジャニーズ退所で楽勝か

  6. 6

    小池都知事“地元のお友達”豊島区優遇で新宿区長がブチ切れ

  7. 7

    元ヤン木下優樹菜の更生を“全方位”で支える藤本の献身ぶり

  8. 8

    平野&中島「未満警察」もはやコメディー 敗因は幼い脚本

  9. 9

    安藤優子も…フジ“聖域”なきリストラの裏の深刻台所事情

  10. 10

    打ち切り説「バイキング」に拡大報道…フジは坂上忍と心中

もっと見る