ソフトB「巨人V9超え」に現実味 セはおろかパ5球団も“白旗”

公開日:  更新日:

 セ・リーグ最強のヤクルト打線を封じ込め、2年連続7度目の日本一に輝いたソフトバンク。あまりの巨大戦力に他球団から聞こえてくるのは「巨人のV9を超えてもおかしくない」という嘆き節だ。

 あるパのコーチは「今季のドラフトがまさに『ふざけるな!』でしたよ」と、苦笑いする。

「ソフトバンクは育成を除けば6位まで指名して、全員高校生でしょ。つまり、今の主力で3、4年は戦えるということじゃないですか。あれを余裕と言わずして、何と言うんですか」

 これにソフトバンクOBが応える。

「そうはいっても、二軍でも岩崎や東浜ら、若い投手陣が出番待ちをしているくらいだからね。日本シリーズで中継ぎを務めた千賀だって、本来は先発。野手もイキのいいのがゴロゴロいる。即戦力選手を指名しないのかと言われても、現時点で彼らを超える選手でもなければ、獲得してもファームの肥やしになってしまう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る