HSBC辞退の池田勇太に「日本プロのイメージ損ねる」と苦言

公開日:  更新日:

【マイナビABC チャンピオンシップ】

 せっかく手に入れた権利を手放すのだから理解に苦しむ。

 池田勇太(29)が、11月5日開催の「WGC―HSBCチャンピオンズ」(中国・上海)の出場を辞退した。

 HSBCの出場資格は、10月26日時点での日本ツアー賞金ランク上位の2人。同2位の池田が欠場するため、繰り上げで同3位の小平智(26)が出場。同1位の金庚泰(29)と、日本勢は松山英樹(23)と岩田寛(34)も上海へ行く。

 いまやゴルフの世界基準は、メジャーへの出場資格にもなっているワールドランク(WR)がすべてだ。HSBCに優勝すれば68ポイント。同週に行われる日本ツアー「平和PGM」に勝っても16ポイント。WR88位の池田がHSBCで優勝すれば一気に30位前後まで上昇し、来季のマスターズや全米オープンにも出場できる。それなのにポイントの高い試合を見送って、国内を優先するというのだから、「池田は何を考えているのか」と疑いたくなる。普通なら国内ツアーより上の世界最高峰の舞台で戦いたいと思うのがプロゴルファーではないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  5. 5

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  6. 6

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  7. 7

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  8. 8

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

  9. 9

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

  10. 10

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

もっと見る