近隣で2大会同時期開催 ツアー機構「ファン軽視」の非礼

公開日: 更新日:

 先ごろ行われた男子レギュラー大会「ホンマツアーワールド杯」(石岡GC)とシニア大会「日本プロシニア」(サミットGC)は同じ茨城県内で、しかも同じ日程(10月8~11日)で開催された。直線距離にしてたった12キロしか離れていなかった。

 新規大会のホンマに対し、プロシニアは3年連続同じ会場で開催されている。レギュラーツアーを主管する日本ゴルフツアー機構(JGTO)はそんな事情を百も知っていながら、シニアツアーを主管する日本プロゴルフ協会(PGA)に何の連絡もなく、開催をブツけてきたというのだから、“ケンカを売られた”感じのPGAは穏やかではない。

 何より同時期に同地域でプロ大会を開催すれば、せっかくプロのプレーを楽しみにしていたゴルフファンも、さすがに両会場に足を運ぶわけにもいかない。開催時期をズラしてくれればいいのに、と思うのは当然だ。つまり、ファンのことなど二の次、三の次ということなのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  3. 3

    木下優樹菜に第2、第3の男の影「急転引退」狙いと全舞台裏

  4. 4

    手越祐也の新居家賃200万円問題 ジャニーズ退所で楽勝か

  5. 5

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  6. 6

    渡部と東出の不倫で好機 田辺誠一&大塚寧々夫婦株が急騰

  7. 7

    小池都知事“地元のお友達”豊島区優遇で新宿区長がブチ切れ

  8. 8

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  9. 9

    元ヤン木下優樹菜の更生を“全方位”で支える藤本の献身ぶり

  10. 10

    打ち切り説「バイキング」に拡大報道…フジは坂上忍と心中

もっと見る