“メジャー志向”SB松田と侍Jで接触の坂本に巨人ヤキモキ

公開日:  更新日:

 8日開幕の「プレミア12」に出場する侍ジャパンは4日、ヤフオクドームで練習を行った。今日5日のプエルトリコとの強化試合に向け、小久保監督は「野手は一打席一打席を大切に。投手は少ないイニングの中で自分なりの手応えを感じてもらえるような投球をしてほしい」と話した。

 メンバーでは海外FA権を取得したソフトバンクの松田宣浩(32)に注目が集まる。権利行使の申請期限は10日。パドレスや阪神が獲得調査をしているが、その決断に影響を受けそうなのが代表で三遊間を組む巨人の坂本勇人(26)である。

 2人は代表に招集されるたびに食事などで親交を深め、情報を交換しているという。同じ右の内野手。気が合う間柄のようだ。昨年末、坂本はこう言っていた。

「松田さんは右手と左手を離してバットを持つ。基本とは違うので常時はやりにくかったけど、ボクはヘッドが下がっちゃうところがあって、それが改善されるのではとアドバイスをもらった」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  8. 8

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る