ダ軍ランディ・ジョンソン氏が広島・黒田に「接触」の意味深

公開日:  更新日:

 メジャー通算303勝を誇り、現在ダイヤモンドバックスの球団社長付補佐を務めるランディ・ジョンソン氏(51)が14日、チーム編成責任者のトニー・ラルーサ氏(70)ら球団首脳と共に広島のマツダスタジアムを訪問した。

 今回のランディ氏一行の来日目的は日本プロ野球への表敬訪問。とはいえ、真っ先に向かったのは広島だ。そこで一行は元メジャーリーガーである黒田と“接触”した。

 黒田はダイヤモンドバックスでのプレー経験がないものの、ジョンソンとはナ・リーグ西地区の投手同士で接点がある。ダイヤモンドバックス一行は黒田と会うや否や次々と握手。ジョンソン氏も大勢の報道陣を前に、黒田との親密さをアピールした。

 広島には今オフ、ポスティングでメジャー移籍が噂される前田健がいる。黒田はそんなマエケンの大先輩。ダイヤモンドバックスが黒田との旧交を温めておけば、今後いつでもマエケンの情報を入手することは可能だ。

 ダイヤモンドバックスの「接近」も納得だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    逮捕飛び火の小池知事 “ゴーンイズム”心酔アピールの過去

もっと見る