ダ軍ランディ・ジョンソン氏が広島・黒田に「接触」の意味深

公開日:  更新日:

 メジャー通算303勝を誇り、現在ダイヤモンドバックスの球団社長付補佐を務めるランディ・ジョンソン氏(51)が14日、チーム編成責任者のトニー・ラルーサ氏(70)ら球団首脳と共に広島のマツダスタジアムを訪問した。

 今回のランディ氏一行の来日目的は日本プロ野球への表敬訪問。とはいえ、真っ先に向かったのは広島だ。そこで一行は元メジャーリーガーである黒田と“接触”した。

 黒田はダイヤモンドバックスでのプレー経験がないものの、ジョンソンとはナ・リーグ西地区の投手同士で接点がある。ダイヤモンドバックス一行は黒田と会うや否や次々と握手。ジョンソン氏も大勢の報道陣を前に、黒田との親密さをアピールした。

 広島には今オフ、ポスティングでメジャー移籍が噂される前田健がいる。黒田はそんなマエケンの大先輩。ダイヤモンドバックスが黒田との旧交を温めておけば、今後いつでもマエケンの情報を入手することは可能だ。

 ダイヤモンドバックスの「接近」も納得だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  2. 2

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  3. 3

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  6. 6

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  7. 7

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  8. 8

    厚労省にポストと金を握られ…監察委“お手盛り報告”の必然

  9. 9

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  10. 10

    冷静と興奮…狂気さえ感じさせる菅田将暉の名演技に脱帽

もっと見る