原野球の継承拒絶 由伸巨人のキーマンに「現主力」指名の思惑

公開日: 更新日:

 巨人の高橋由伸新監督(40)は、はたしてどんな野球をやるのか。白石オーナーから「原野球の継承」「リーグ最下位の貧打線の強化」などと注文をつけられたが、「原(前)監督と同じ野球はやらないと思う。前監督の基本方針は個人よりチームだったけど、由伸さんは個人を尊重する監督になるのではないか」と中堅選手がこう言う。

「試合中、モニターを見ながら、巨人や相手ベンチの采配について『オレならこうする』『今のはちょっと違うよな』と漏らすこともあった。原前監督のように主軸に送りバントをさせたり、打順を急降下させたり、元4番の村田さんに代打を送ったりするような采配はしないと思う。かつては自身も中心選手だっただけに、主力のプライドを軽んじる采配には嫌悪感を持っている。仮に代打が成功しても、それによってベテランが死んでしまったら意味がないと考えるタイプです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ほぼ「絶対君主」吉本興業・岡本昭彦社長のコワモテ評判

  2. 2

    大船渡・佐々木に“神風” V候補敗退しジャッジも援護射撃に

  3. 3

    “愛の巣”から消えた…二宮和也と伊藤綾子の破局説を検証

  4. 4

    「ルパンの娘」で“55歳美魔女”怪演 42歳小沢真珠の女優魂

  5. 5

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  6. 6

    改憲だけは阻止した参院選 与党過半数でも波乱の予兆<上>

  7. 7

    市場が警戒…参院選後の日本を超円高と株価暴落が襲う

  8. 8

    2019年参議院選挙で注目 美魔女候補11人の「明と暗」

  9. 9

    宮迫と亮に暗部暴かれ…吉本は“芸人クーデター”で瓦解寸前

  10. 10

    センバツV東邦や強豪校が地方大会序盤で相次ぎ消えた理由

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る