原野球の継承拒絶 由伸巨人のキーマンに「現主力」指名の思惑

公開日:  更新日:

 巨人の高橋由伸新監督(40)は、はたしてどんな野球をやるのか。白石オーナーから「原野球の継承」「リーグ最下位の貧打線の強化」などと注文をつけられたが、「原(前)監督と同じ野球はやらないと思う。前監督の基本方針は個人よりチームだったけど、由伸さんは個人を尊重する監督になるのではないか」と中堅選手がこう言う。

「試合中、モニターを見ながら、巨人や相手ベンチの采配について『オレならこうする』『今のはちょっと違うよな』と漏らすこともあった。原前監督のように主軸に送りバントをさせたり、打順を急降下させたり、元4番の村田さんに代打を送ったりするような采配はしないと思う。かつては自身も中心選手だっただけに、主力のプライドを軽んじる采配には嫌悪感を持っている。仮に代打が成功しても、それによってベテランが死んでしまったら意味がないと考えるタイプです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  2. 2

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  3. 3

    進退かかる稀勢の里…初場所で引退発表の“デッドライン”

  4. 4

    3700km横断!脳腫瘍の少年に愛犬届けたトラック野郎に喝采

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    月船さららさん 宝塚1年目の罰ゲームでドンペリを一気飲み

  7. 7

    進退問題への発展必至 JOC竹田会長の“後任”に浮上する面々

  8. 8

    熊のぬいぐるみから 娘のXマスプレゼントに母が涙したワケ

  9. 9

    一世風靡セピアで活躍の春海四方さんが名脇役になるまで

  10. 10

    脚が悪い犬を手術…獣医が「ネズミの着ぐるみ姿」なワケ

もっと見る