阪神・西岡が大減俸直訴も…周囲からもれる「冷ややかな声」

公開日:  更新日:

「最低年俸でも結構です」

 阪神の西岡(31)が球団に大減俸を申し入れたことが物議をかもしている。

 最低年俸といえば、支配下選手なら480万円、一軍でも1500万円。西岡の今季年俸1億8000万円から480万円となると、実に98%の大幅減俸となるわけだが、実際のところ、球団は西岡の直訴を認めると査定を特別扱いすることになるため、バランスを取って1億円程度の減俸に落ち着くとみられる。

 もっとも、在籍3年間の働きをみると、8000万円でも高いといわざるを得ない。

 1年目こそ、122試合で打率.290をマークしたものの、故障もあって昨季は24試合、今季は50試合出場にとどまっている。

 来季は背水の陣で臨む覚悟なのかもしれないが、阪神OBは、「右肘に古傷を抱えているだけに、長い距離の送球が必要な三塁を守るのは厳しいようだ。二塁のポジションを死守するしか生きる道はないだろうね」と指摘する。

 仮に二塁争いに参戦したとしても、上本、大和らとの勝負に勝てるとは限らず、来季は控えに甘んじる可能性もゼロではないのだ。それこそ、本人が言っている通り、最低年俸から裸一貫でスタートさせた方が無駄金を使わなくていいかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    逮捕飛び火の小池知事 “ゴーンイズム”心酔アピールの過去

もっと見る