阪神・西岡が大減俸直訴も…周囲からもれる「冷ややかな声」

公開日:  更新日:

「最低年俸でも結構です」

 阪神の西岡(31)が球団に大減俸を申し入れたことが物議をかもしている。

 最低年俸といえば、支配下選手なら480万円、一軍でも1500万円。西岡の今季年俸1億8000万円から480万円となると、実に98%の大幅減俸となるわけだが、実際のところ、球団は西岡の直訴を認めると査定を特別扱いすることになるため、バランスを取って1億円程度の減俸に落ち着くとみられる。

 もっとも、在籍3年間の働きをみると、8000万円でも高いといわざるを得ない。

 1年目こそ、122試合で打率.290をマークしたものの、故障もあって昨季は24試合、今季は50試合出場にとどまっている。

 来季は背水の陣で臨む覚悟なのかもしれないが、阪神OBは、「右肘に古傷を抱えているだけに、長い距離の送球が必要な三塁を守るのは厳しいようだ。二塁のポジションを死守するしか生きる道はないだろうね」と指摘する。

 仮に二塁争いに参戦したとしても、上本、大和らとの勝負に勝てるとは限らず、来季は控えに甘んじる可能性もゼロではないのだ。それこそ、本人が言っている通り、最低年俸から裸一貫でスタートさせた方が無駄金を使わなくていいかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る