失策多い選手続々 「ゴールデングラブ賞」は守備の名手なのか

公開日:  更新日:

 毎年、「その選手は違うだろう」という声が聞かれるのが、プロ野球の守備のベストナインを選ぶゴールデングラブ賞だ。

 今年も10日に発表された。セ・リーグの一塁手はヤクルトの畠山が3年ぶり2度目、三塁手はチームメートの川端が初受賞。遊撃手は阪神鳥谷が3年連続4度目。それぞれの失策数は、11、10、14。川端は日本シリーズでも1失策を記録し、鳥谷は全143試合に出場したものの、14失策はリーグワースト3。過去7年で最多だった(08年の15失策はリーグ最多)。

 ある選手は、「守備のベストナインといっても、優勝チームの選手や打撃で好成績を残した者に票が集まる傾向がある」と言うのだが、トリプルスリーを達成して優勝に貢献したヤクルトの山田は落選。二塁手は、山田より失策数が1つ多い(10)広島の菊池が3年連続3度目の受賞となった。メジャースカウトも惚れ惚れする菊池の場合、守備範囲が広いので難しい打球も捕りに行くので失策が増えるのは仕方ないだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る