失策多い選手続々 「ゴールデングラブ賞」は守備の名手なのか

公開日:  更新日:

 毎年、「その選手は違うだろう」という声が聞かれるのが、プロ野球の守備のベストナインを選ぶゴールデングラブ賞だ。

 今年も10日に発表された。セ・リーグの一塁手はヤクルトの畠山が3年ぶり2度目、三塁手はチームメートの川端が初受賞。遊撃手は阪神鳥谷が3年連続4度目。それぞれの失策数は、11、10、14。川端は日本シリーズでも1失策を記録し、鳥谷は全143試合に出場したものの、14失策はリーグワースト3。過去7年で最多だった(08年の15失策はリーグ最多)。

 ある選手は、「守備のベストナインといっても、優勝チームの選手や打撃で好成績を残した者に票が集まる傾向がある」と言うのだが、トリプルスリーを達成して優勝に貢献したヤクルトの山田は落選。二塁手は、山田より失策数が1つ多い(10)広島の菊池が3年連続3度目の受賞となった。メジャースカウトも惚れ惚れする菊池の場合、守備範囲が広いので難しい打球も捕りに行くので失策が増えるのは仕方ないだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  5. 5

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る