• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

神宮大会で“Dr.K”の称号 Gドラ1桜井が守護神沢村を脅かす

 目標の日本一には届かなかった。
 
 15日の明治神宮大会準々決勝に先発した巨人からドラフト1位指名された立命大の桜井俊貴(22・北須磨=写真)が9回2失点。9三振を奪う力投も亜大に1-2で競り負けた。

 13日の東北福祉大戦で大会タイ記録の18奪三振。視察した巨人の高橋由伸監督(40)は「制球とボールの力がそれぞれないとなかなか(多くの三振は)取れない。魅力がある。スタミナは十分にあると聞いているし、頼もしい」と絶賛していた。

 1年目からフル回転が予想される。最速150キロの直球に、チェンジアップ、フォーク、カーブなど多彩な変化球も操る。ただ、「武器は違う」と北須磨高の恩師・徳山監督がこう証言する。

「大学では130キロから140キロ以上投げる投手はゴロゴロいる。桜井は高校時代から天性のコントロールの良さがあった。立命館(大学)に進んで成功した一番の理由は、球速がアップしたからではなく、狙ったところに投げられる制球力があったから。ターニングポイントとなった高校2年夏の試合(中日4位指名の福と投げ合った神戸西戦)も無四球完封でした」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  4. 4

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  5. 5

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  6. 6

    「江戸むらさき」磯山良司さんが実家ラーメン店で働くワケ

  7. 7

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  8. 8

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  9. 9

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  10. 10

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

もっと見る