• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

本田頼みの日本代表 不甲斐ないFW陣に釜本氏「気概乏しい」

コラム【釜本邦茂 ズバッと言わせてもらう!】

 相手はFIFAランキング183位のカンボジア。とにかく勝ててよかった。なんて「棒読み」で祝福してしまった。実力差があるのにオウンゴールと終盤間際の本田のゴールだけ。「結局は本田頼みなのか?」。そう思うしかなかったね。

 カンボジア戦の結果を踏まえて言うわけではない。このコラムでも言ったことがある。本田が日本代表にいる限り、本田は1トップで使うのが妥当なんじゃないかな?

 ストライカーとして高く評価しているわけではない。いつものトップ下やサイドアタッカーで決定機に絡むよりは、前線に置いてゴールを狙わせた方が、今の日本代表では効率的なんじゃないか? ということだ。

 もちろんFW陣が不甲斐ないから、ということもある。現役日本代表で最多ゴールの岡崎。シンガポール戦で先制点を決めた金崎。やはり本田と比べると「存在感」という点で見劣りしてしまう。その理由のひとつは「オレが主軸になる」という気概に乏しいからだと思う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事