出番6分のミラン本田 クラブ批判もおとがめなしの真相

公開日:  更新日:

 おとがめもない代わりに出番も少ない……。セリエA・ミラン所属のMF本田圭佑のことだ。

 4日のナポリ戦でミランは0―4の大敗。ベンチウオーマーの本田は試合後、クラブ首脳陣や監督、サポーター、メディアまで徹底批判した。

 それからW杯予選のシリア戦(8日)、強化試合イラン戦(13日)のために日本代表に合流した本田はイタリアに帰国した直後、爆弾発言のペナルティーを科せられるともっぱらだった。

 ところがクラブからは何のおとがめもなく、本田は17日のトリノ戦の遠征メンバーに入った。もっとも、スタメンから外れ、出番が回ってきたのは1―1の同点で迎えた後半43分。アディショナルタイムを含めてプレー時間はたったの6分。ボールに数回触れただけだった。

「本田のミランでの立ち位置がよく分かる」とサッカージャーナリストが言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  7. 7

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  8. 8

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  9. 9

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  10. 10

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

もっと見る