出番6分のミラン本田 クラブ批判もおとがめなしの真相

公開日: 更新日:

 おとがめもない代わりに出番も少ない……。セリエA・ミラン所属のMF本田圭佑のことだ。

 4日のナポリ戦でミランは0―4の大敗。ベンチウオーマーの本田は試合後、クラブ首脳陣や監督、サポーター、メディアまで徹底批判した。

 それからW杯予選のシリア戦(8日)、強化試合イラン戦(13日)のために日本代表に合流した本田はイタリアに帰国した直後、爆弾発言のペナルティーを科せられるともっぱらだった。

 ところがクラブからは何のおとがめもなく、本田は17日のトリノ戦の遠征メンバーに入った。もっとも、スタメンから外れ、出番が回ってきたのは1―1の同点で迎えた後半43分。アディショナルタイムを含めてプレー時間はたったの6分。ボールに数回触れただけだった。

「本田のミランでの立ち位置がよく分かる」とサッカージャーナリストが言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  2. 2

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  3. 3

    安倍首相の体調不良説に拍車 高級ジム滞在「3時間半」の裏

  4. 4

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  5. 5

    コソコソ逃げる安倍首相は、なぜそんなに会見が嫌なのか?

  6. 6

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  7. 7

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  8. 8

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  9. 9

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  10. 10

    「重症者数少ない」の落とし穴 4月緊急事態宣言前より深刻

もっと見る