周囲は“5戦連発”と大騒ぎ それでも消えない「本田不要論」

公開日:  更新日:

 イタリア・セリエAのミランに所属するMF本田圭佑(29)が、ハリルホジッチ日本代表の主軸のひとりであることは間違いない。しかし、W杯の10年南ア大会、14年ブラジル大会で自任していた「王様」としての存在感は薄れてきている。

 その本田は、17日のカンボジア戦でベンチスタート。後半17分に途中出場して終盤にヘディングで2点目を決め、スポーツメディアは「本田が日本人初となるW杯予選5連発」と大騒ぎだが、予選5組でシリア、シンガポール、アフガニスタンといった弱小国相手の連続ゴールに一体、どれだけの価値があるというのか?

■「ミランの10番」の現在の価値は…

 スポーツライターの平野史氏が「本田が背負っているミランの背番号10の幻影にだまされてはいけません」とこう続ける。

「ミランは88年から94年までの間だけで欧州CLで優勝3回、準優勝2回の実績を残し、02―03年と06―07年シーズンもCLを制した欧州を代表する名門です。しかし、本田がミラン入りした13―14年シーズンは8位、昨季14―15年シーズンは10位の体たらく。今季のミランは現在6位だが、9位ラツィオとの勝ち点差は1。本田は、イタリアの中位クラブの10番でスタメンから外されている選手に過ぎないのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る