プロ野球タイ「実働29年」 日ハム中嶋聡に備わった“処世術”

公開日:  更新日:

 球界最年長捕手の日本ハム中島聡(46)が、とうとう「現役」としてのユニホームを脱ぐ。

 ここ数年はほぼ戦力外。今季の出場も4月15日のロッテ戦わずか1試合で、ここ5年は通算でも17試合の出場だけ。数字だけ見ればとっくに戦力外通告されていても不思議ではない。

 それでも、工藤公康(現ソフトバンク監督)、山本昌(中日)と並ぶプロ野球タイ記録の「現役29年」を貫けた背景には、コーチ兼任という役職もさることながら、「処世術」もあったといわれる。

 捕手というポジションは他の野手と異なり、1試合1人の出場が基本。特に中嶋の全盛期だった80~90年代はその傾向が強く、第2、第3捕手の出場は限られていた。出場機会が得られない捕手は自然と他チームに移籍する。4球団を渡り歩いた中嶋も一時は「正捕手」にこだわりを持っていたそうだが、本人を知る西武OBによれば、「西武に移籍したあたりから考え方が変わった」とこう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

もっと見る