日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

プロ野球タイ「実働29年」 日ハム中嶋聡に備わった“処世術”

 球界最年長捕手の日本ハム中島聡(46)が、とうとう「現役」としてのユニホームを脱ぐ。

 ここ数年はほぼ戦力外。今季の出場も4月15日のロッテ戦わずか1試合で、ここ5年は通算でも17試合の出場だけ。数字だけ見ればとっくに戦力外通告されていても不思議ではない。

 それでも、工藤公康(現ソフトバンク監督)、山本昌(中日)と並ぶプロ野球タイ記録の「現役29年」を貫けた背景には、コーチ兼任という役職もさることながら、「処世術」もあったといわれる。

 捕手というポジションは他の野手と異なり、1試合1人の出場が基本。特に中嶋の全盛期だった80~90年代はその傾向が強く、第2、第3捕手の出場は限られていた。出場機会が得られない捕手は自然と他チームに移籍する。4球団を渡り歩いた中嶋も一時は「正捕手」にこだわりを持っていたそうだが、本人を知る西武OBによれば、「西武に移籍したあたりから考え方が変わった」とこう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事