日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

監督名指し G菅野に課せられる「負けない投手」への変身

 巨人の高橋由伸監督(40)が3日、「ヤナセ・ジャイアンツMVP賞」を受賞した。都内での贈呈式に出席し、「メルセデス・ベンツC180」をゲット。この賞を来季は誰に? と聞かれると、「常々言っているように、阿部、長野、坂本。投手は内海、菅野」とし、「(この賞を)まだもらったことがない菅野に取ってもらえたらいい」と指名した。

 2年連続で開幕投手を務めた菅野智之(26)は今季10勝11敗、リーグ2位の防御率1.91。先日、2000万円アップの年俸1億3000円でサインした。ただ、アップ額に納得がいかなかったのか、複雑な表情も浮かべていた。エースに高橋監督は「今年は打線の援護がなかったのもある」と前置きしながらも、こう注文をつけたのだ。

「エースには貯金をひとつでも多くつくって欲しいとは思うよね」

 菅野はこれまで「投手の実力は防御率」が持論だった。投手の勝敗はチーム力や打線との兼ね合いも影響する。純粋な実力は防御率で計れない。それが1点台なのに……が菅野の本音だろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事