• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

監督名指し G菅野に課せられる「負けない投手」への変身

 巨人の高橋由伸監督(40)が3日、「ヤナセ・ジャイアンツMVP賞」を受賞した。都内での贈呈式に出席し、「メルセデス・ベンツC180」をゲット。この賞を来季は誰に? と聞かれると、「常々言っているように、阿部、長野、坂本。投手は内海、菅野」とし、「(この賞を)まだもらったことがない菅野に取ってもらえたらいい」と指名した。

 2年連続で開幕投手を務めた菅野智之(26)は今季10勝11敗、リーグ2位の防御率1.91。先日、2000万円アップの年俸1億3000円でサインした。ただ、アップ額に納得がいかなかったのか、複雑な表情も浮かべていた。エースに高橋監督は「今年は打線の援護がなかったのもある」と前置きしながらも、こう注文をつけたのだ。

「エースには貯金をひとつでも多くつくって欲しいとは思うよね」

 菅野はこれまで「投手の実力は防御率」が持論だった。投手の勝敗はチーム力や打線との兼ね合いも影響する。純粋な実力は防御率で計れない。それが1点台なのに……が菅野の本音だろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  2. 2

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  3. 3

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  4. 4

    最高裁も覚悟…森友問題で財務&国交省が隠したかったコト

  5. 5

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  6. 6

    大阪北部地震で注目…活断層“直撃リスク”のある「17原発」

  7. 7

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  8. 8

    電撃辞任後は連勝も…楽天“ポスト梨田”に挙がる2人の名前

  9. 9

    日朝首脳会談 「後退」観測の裏にプーチン大統領の横ヤリ

  10. 10

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

もっと見る