二塁手にライバル続々 巨人片岡は移籍2年で居場所なし

公開日:  更新日:

 巨人の片岡治大(32)が30日、都内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、9500万円から900万円ダウンの8600万円でサインした。FAにともない2年の複数年契約だったが、来季は1年契約だ。

 その片岡を、球団関係者が「心が折れても不思議ではない」と心配している。

 巨人はこのオフ、西武の脇谷亮太(34)とFA交渉。ロッテを退団することが決まったクルーズ(31)の獲得に乗り出す方針も固めている。2人はいずれも二塁手。脇谷の入団は決定的となっており、そこにクルーズまで加入すれば、立て続けに二塁手を補強することになる。

「片岡は物足りないと言われているようなものですよ。脇谷は自身のFAの人的補償として西武に移籍した。それを出戻りさせるのだから、片岡の方は気まずいに決まっています。球団は昨オフもDeNAに在籍した二塁手のグリエル獲得に動いた。結局、獲得には至らなかったけど、こうも二塁手ばかりが補強されると、FA組としてはつらいところ。大物評論家に『怠慢プレー』と新聞紙上で痛烈批判された時はかなり落ち込んでいたし、『カラオケで美声を披露』と書いたマスコミに『マイクを離さないタイプじゃない』と抗議したことも。明るいムードメーカーの半面、繊細な性格ですからね。もともと原前監督が片岡の西武時代の活躍を見初め、獲得に至った経緯がある。その後ろ盾ももういません」(前出の関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  2. 2

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  8. 8

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  9. 9

    JIC騒動で露呈…官民ファンドは血税しゃぶる“天下り集団”

  10. 10

    食えもしねえのに食い意地の張った巨人・原“監督大将”の話

もっと見る