日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
マーク金井
著者のコラム一覧
マーク金井クラブアナリスト、クラブ設計家

1958年、大阪府出身。ハンデ3。ゴルフ雑誌の編集記者からフリーに転身。05年にアナライズを設立し、自社スタジオでゴルフクラブの計測、試打を専門的に始める。同時にメーカーが作れなかった、アマチュアを救うクラブを設計し販売も手がける。執筆活動も積極に行い、新聞、雑誌、インターネットで連載を多数抱え、著作物も定期的に発刊。近著では、「今より30ヤード飛ぶクラブを選ぶための36の法則」(実業之日本社)、「一生役立つゴルフゴルフ超上達法」(マイナビ出版)がある。現在、新刊書も数冊手がけている。

胸の高さからスイングを始めると正しいトップが簡単につくれる

 先週の男子ツアー「カシオワールドオープン」は、最終日最終ホールでイーグルを決めた韓国の黄重坤が逆転優勝。ホストプロである石川遼は最終ホールで逆転され、惜しくも1打差の2位。3位にはディフェンディングチャンピオンの片山晋呉が入って幕を閉じた。

 国内ツアーも残すところ「日本シリーズ」だけになったが、テレビ中継でもっとオンエアしてほしいのがスタート前の練習風景や、プレー中の選手のしぐさだ。

 プロの練習やしぐさには、アマチュアにも役立つヒントがたくさんあるからだ。

 例えば、片山晋呉は練習法だけでなく、プレー中のしぐさも実にユニーク。ショットもパットも右打ちだが、しょっちゅう左打ちの素振りをしている。

 本人はストレッチの意味でやっていると言っているが、その素振りのやり方がユニークだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事