• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
マーク金井
著者のコラム一覧
マーク金井クラブアナリスト、クラブ設計家

1958年、大阪府出身。ハンデ3。ゴルフ雑誌の編集記者からフリーに転身。05年にアナライズを設立し、自社スタジオでゴルフクラブの計測、試打を専門的に始める。同時にメーカーが作れなかった、アマチュアを救うクラブを設計し販売も手がける。執筆活動も積極に行い、新聞、雑誌、インターネットで連載を多数抱え、著作物も定期的に発刊。近著では、「今より30ヤード飛ぶクラブを選ぶための36の法則」(実業之日本社)、「一生役立つゴルフゴルフ超上達法」(マイナビ出版)がある。現在、新刊書も数冊手がけている。

松山英樹 7年前の型落ちドライバーを使い続けるのはナゼ?

 先週の男子ツアー、ダンロップフェニックスは、3日目を終えた時点でトップに立った宮里優作が、最終日もスコアを2つ伸ばして14アンダーで逃げ切って優勝。2打差の2位タイには米ツアー参戦中の松山英樹が入っている。

 宮里と松山。どちらもドライバーの飛距離に定評があるが、使うクラブはずいぶん異なる。

 宮里は最新ドライバーを手にしているが、松山のドライバーは7年前のモデルである。新製品が出るたびに前作よりも「○○ヤード飛ぶ」とメーカーがアピールしているにもかかわらず、松山はあえて型落ちドライバーを使っているのである。

 本題に入ろう。松山に限らず、ツアープロの中には最新モデルを使わない選手が少なからずいるが、これには理由がある。

 ドライバーはルールでヘッド体積が460㏄内と定められており、それに対応すべく新製品のほとんどは460㏄。ヘッド体積が大きい方がミスに強く、そして飛距離性能も上げやすいからである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事