マーク金井
著者のコラム一覧
マーク金井クラブアナリスト、クラブ設計家

1958年、大阪府出身。ハンデ3。ゴルフ雑誌の編集記者からフリーに転身。05年にアナライズを設立し、自社スタジオでゴルフクラブの計測、試打を専門的に始める。同時にメーカーが作れなかった、アマチュアを救うクラブを設計し販売も手がける。執筆活動も積極に行い、新聞、雑誌、インターネットで連載を多数抱え、著作物も定期的に発刊。近著では、「今より30ヤード飛ぶクラブを選ぶための36の法則」(実業之日本社)、「一生役立つゴルフゴルフ超上達法」(マイナビ出版)がある。現在、新刊書も数冊手がけている。

クラブがどんなに進化しても飛ばしの極意は不変

公開日:  更新日:

 昔に比べると、ゴルフクラブは劇的な進化を遂げている。40年前のドライバーヘッドは木製で小さく、シャフトはスチール。アマチュアのドライバーの飛距離は200ヤード前後だった。その後、ヘッド素材は金属素材へと変わり、現在では比重の軽いチタンが主流。ヘッドの大きさは2倍以上も大きくなって460㏄がスタンダードになった。クラブの進化にともなってアマチュアの飛距離も伸び、今では230ヤード以上飛ばす人も多くなっている。

 本題に入ろう。クラブが進化したことでアマチュアの飛距離は伸びたが、実は、プロゴルファーはもっと伸びている。

 40年前は300ヤード以上飛ばすプロはほとんどいなかったが、現在は300ヤード以上飛ばすプロはかなりいる。この40年でプロの飛距離は40ヤード以上も伸びている。意外と思うかも知れないが、クラブの進化の恩恵を受けているのは、アマチュアよりもプロの方なのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

  10. 10

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

もっと見る