マーク金井
著者のコラム一覧
マーク金井クラブアナリスト、クラブ設計家

1958年、大阪府出身。ハンデ3。ゴルフ雑誌の編集記者からフリーに転身。05年にアナライズを設立し、自社スタジオでゴルフクラブの計測、試打を専門的に始める。同時にメーカーが作れなかった、アマチュアを救うクラブを設計し販売も手がける。執筆活動も積極に行い、新聞、雑誌、インターネットで連載を多数抱え、著作物も定期的に発刊。近著では、「今より30ヤード飛ぶクラブを選ぶための36の法則」(実業之日本社)、「一生役立つゴルフゴルフ超上達法」(マイナビ出版)がある。現在、新刊書も数冊手がけている。

クラブがどんなに進化しても飛ばしの極意は不変

公開日:  更新日:

 昔に比べると、ゴルフクラブは劇的な進化を遂げている。40年前のドライバーヘッドは木製で小さく、シャフトはスチール。アマチュアのドライバーの飛距離は200ヤード前後だった。その後、ヘッド素材は金属素材へと変わり、現在では比重の軽いチタンが主流。ヘッドの大きさは2倍以上も大きくなって460㏄がスタンダードになった。クラブの進化にともなってアマチュアの飛距離も伸び、今では230ヤード以上飛ばす人も多くなっている。

 本題に入ろう。クラブが進化したことでアマチュアの飛距離は伸びたが、実は、プロゴルファーはもっと伸びている。

 40年前は300ヤード以上飛ばすプロはほとんどいなかったが、現在は300ヤード以上飛ばすプロはかなりいる。この40年でプロの飛距離は40ヤード以上も伸びている。意外と思うかも知れないが、クラブの進化の恩恵を受けているのは、アマチュアよりもプロの方なのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  6. 6

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  7. 7

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  10. 10

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

もっと見る