マーク金井
著者のコラム一覧
マーク金井クラブアナリスト、クラブ設計家

1958年、大阪府出身。ハンデ3。ゴルフ雑誌の編集記者からフリーに転身。05年にアナライズを設立し、自社スタジオでゴルフクラブの計測、試打を専門的に始める。同時にメーカーが作れなかった、アマチュアを救うクラブを設計し販売も手がける。執筆活動も積極に行い、新聞、雑誌、インターネットで連載を多数抱え、著作物も定期的に発刊。近著では、「今より30ヤード飛ぶクラブを選ぶための36の法則」(実業之日本社)、「一生役立つゴルフゴルフ超上達法」(マイナビ出版)がある。現在、新刊書も数冊手がけている。

ミスに強くなった今どきの大型ドライバーは、初心者には振りづらい

公開日:  更新日:

 ゴルフクラブは毎年のようにモデルチェンジが繰り広げられ、新製品の多くは「飛び」と「やさしさ」をアピールしている。

 今年はクラウン(ヘッド上部)にカーボン素材を採用するモデルが増え、さらなる低重心化で飛距離アップが狙えることをアピールしている。

 さて、この今どきのドライバー。昔に比べるとヘッドが大きくなって慣性モーメントの数値が大きくなり、ミスに強くなっている。

 これはまぎれもない事実であるが、プロに比べるとアマチュアは進化の恩恵をそれほど受けていない。昔も今も、アマチュアの最大のテーマは「100切り」であるし、スライスに悩むゴルファーは後を絶たない。

 クラブが進化したにもかかわらず、アマチュアの飛距離はプロほどは急激に伸びていないのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る