• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
マーク金井
著者のコラム一覧
マーク金井クラブアナリスト、クラブ設計家

1958年、大阪府出身。ハンデ3。ゴルフ雑誌の編集記者からフリーに転身。05年にアナライズを設立し、自社スタジオでゴルフクラブの計測、試打を専門的に始める。同時にメーカーが作れなかった、アマチュアを救うクラブを設計し販売も手がける。執筆活動も積極に行い、新聞、雑誌、インターネットで連載を多数抱え、著作物も定期的に発刊。近著では、「今より30ヤード飛ぶクラブを選ぶための36の法則」(実業之日本社)、「一生役立つゴルフゴルフ超上達法」(マイナビ出版)がある。現在、新刊書も数冊手がけている。

スライス矯正はスイング修正より道具選びが先だ

 練習場にまめに通っているのに、思うような成果が出ない……。

 上達できずに悩んでいるアマチュアは少なくないが、その多くは、「うまくいかないのは自分に原因がある」と思っている。

 確かにその通りで、例えばスライスに悩んでいる人の場合、そうなるのはスイングに問題がある。右に曲がるような打ち方をしているから、ボールは右に曲がってしまうのだ。

 では、どんな練習をすれば、悩めるアマチュアの「努力が報われる」ようになるのか?

 スイングを変えるために必要なのは、ボールをたくさん打つことよりも、スイングが変わるクラブ(道具)を使うことだ。

 ゴルフの上手下手に関係なく、ボールの飛び方はインパクト時の「フェース向き」と「ヘッド軌道」で決まる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事