日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ジャンプW杯 葛西は17位と惨敗も「次につながる」と納得

「2回目は気持ちよかった。向かい風があると距離が伸びる」――。

 ノルディックスキー男子ジャンプの葛西紀明(43)がW杯ノルウェー・リレハンメル大会で17位と惨敗にも、納得した表情を見せた。

 6日(現地時間)の第3戦は前日同様、強風のため本来のラージヒルからノーマルヒルに変更。苦手とする台で2本目は上位勢に並ぶ99メートルを飛んだが、平凡な飛距離に終わった1本目(92.5メートル)が響いて合計253.4点で17位。5日の第2戦(30位)同様、トップ10入りを逃した。

 試合後の葛西は悪天候の中、ヒルサイズ(100メートル)に迫る大飛躍を見せたことに「次につながると思う」と笑顔を見せた。

 次戦は19日からのスイス・エンゲルベルク大会に出場予定。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事