• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ジャンプW杯 葛西は17位と惨敗も「次につながる」と納得

「2回目は気持ちよかった。向かい風があると距離が伸びる」――。

 ノルディックスキー男子ジャンプの葛西紀明(43)がW杯ノルウェー・リレハンメル大会で17位と惨敗にも、納得した表情を見せた。

 6日(現地時間)の第3戦は前日同様、強風のため本来のラージヒルからノーマルヒルに変更。苦手とする台で2本目は上位勢に並ぶ99メートルを飛んだが、平凡な飛距離に終わった1本目(92.5メートル)が響いて合計253.4点で17位。5日の第2戦(30位)同様、トップ10入りを逃した。

 試合後の葛西は悪天候の中、ヒルサイズ(100メートル)に迫る大飛躍を見せたことに「次につながると思う」と笑顔を見せた。

 次戦は19日からのスイス・エンゲルベルク大会に出場予定。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  3. 3

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  4. 4

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  5. 5

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  6. 6

    有働アナ取られ…大手がマツコに意趣返し“共演NG包囲網”も

  7. 7

    不明朗な土地取引 モリカケそっくり事件が全国に飛び火

  8. 8

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  9. 9

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  10. 10

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

もっと見る