ジャンプW杯 葛西は17位と惨敗も「次につながる」と納得

公開日:  更新日:

「2回目は気持ちよかった。向かい風があると距離が伸びる」――。

 ノルディックスキー男子ジャンプの葛西紀明(43)がW杯ノルウェー・リレハンメル大会で17位と惨敗にも、納得した表情を見せた。

 6日(現地時間)の第3戦は前日同様、強風のため本来のラージヒルからノーマルヒルに変更。苦手とする台で2本目は上位勢に並ぶ99メートルを飛んだが、平凡な飛距離に終わった1本目(92.5メートル)が響いて合計253.4点で17位。5日の第2戦(30位)同様、トップ10入りを逃した。

 試合後の葛西は悪天候の中、ヒルサイズ(100メートル)に迫る大飛躍を見せたことに「次につながると思う」と笑顔を見せた。

 次戦は19日からのスイス・エンゲルベルク大会に出場予定。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  8. 8

    主力組中心か…アジア杯サウジ戦の予想布陣に釜本氏が疑問

  9. 9

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  10. 10

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

もっと見る