“文武両道”のペース配分も順調 高梨沙羅「女王奪還」なるか

公開日: 更新日:

 12月に開幕するW杯に向け、ノルディックスキー・ジャンプ女子の高梨沙羅(19=写真)が合宿を公開した。

 かつては「ジャンプの女王」の名をほしいままにしていた高梨も、日体大に入学した昨年から成績が下降。なにせ、本気で学業に取り組んでいるのだからそれも無理はない。遠征先でも夜が更けるまでノートと格闘する日々が続き、2連覇していたW杯総合優勝も昨季で途切れてしまった。

 しかし、ようやく学業と競技の「ペース配分」を掴めたのだろう。10月の全日本選手権、1日のNHK杯で2連勝。

「冬シーズンへの入りを大事にしたい」と話した高梨。文武を携えた“才媛”は再び女王の座に返り咲くことができるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  2. 2

    小池都知事“地元のお友達”豊島区優遇で新宿区長がブチ切れ

  3. 3

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  4. 4

    平野&中島「未満警察」もはやコメディー 敗因は幼い脚本

  5. 5

    安藤優子も…フジ“聖域”なきリストラの裏の深刻台所事情

  6. 6

    木下優樹菜に第2、第3の男の影「急転引退」狙いと全舞台裏

  7. 7

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  8. 8

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  9. 9

    木下優樹菜に仕事なくても給料払うと申し出た事務所の温情

  10. 10

    “分断”生む政策が閣議決定…弱者を犠牲にする日本の未来は

もっと見る