“文武両道”のペース配分も順調 高梨沙羅「女王奪還」なるか

公開日:  更新日:

 12月に開幕するW杯に向け、ノルディックスキー・ジャンプ女子の高梨沙羅(19=写真)が合宿を公開した。

 かつては「ジャンプの女王」の名をほしいままにしていた高梨も、日体大に入学した昨年から成績が下降。なにせ、本気で学業に取り組んでいるのだからそれも無理はない。遠征先でも夜が更けるまでノートと格闘する日々が続き、2連覇していたW杯総合優勝も昨季で途切れてしまった。

 しかし、ようやく学業と競技の「ペース配分」を掴めたのだろう。10月の全日本選手権、1日のNHK杯で2連勝。

「冬シーズンへの入りを大事にしたい」と話した高梨。文武を携えた“才媛”は再び女王の座に返り咲くことができるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  4. 4

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  5. 5

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  6. 6

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    野党共闘に消極的…立憲民主党の枝野戦略は奏功するのか

  9. 9

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  10. 10

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

もっと見る