合宿の手応え語るも ジャンプ高梨沙羅女王奪還は“視界不良”

公開日:  更新日:

 女王の座に返り咲くのは厳しいかもしれない。ノルディックスキー女子ジャンプの高梨沙羅(19)。近日中にもオーストリアで合宿を行い、12月4日からのW杯初戦(ノルウェー・リレハンメル大会)に備える。現地では約2週間の雪上練習をこなすという。

 高梨は昨季、スタミナ不足もあってシーズン中盤に失速。3年連続の総合優勝を逃した反省から今季は例年よりも1カ月以上早く始動し、雪上練習にも取り組んだ。

 シーズン中は体重の増減が激しいため、身長と体重によって決まる板の長さの微調整にも悩まされてきた。体重に合わせて選択できるようにするため、220センチ、219センチ、218センチと3種類の板を用意したという。

 国内初戦となった10月の全日本選手権(札幌)で優勝。合宿も順調にこなしてきただけに「(ジャンプの)感覚はつかめてきている。気持ち的に余裕があるので、海外でもスンナリ入っていけそうです」と手応えを口にしているが、W杯本番でのジャンプは極めて不透明だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  4. 4

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  5. 5

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  6. 6

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  7. 7

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  8. 8

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  9. 9

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  10. 10

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

もっと見る