ジャンプW杯開幕Vの高梨沙羅 女王奪還へ唯一の不安は

公開日:  更新日:

 ノルディックスキーのW杯女子ジャンプが4日、ノルウェー・リレハンメルで開幕。日本のエース高梨沙羅(19)は95.5メートルと97.5メートルを飛び、251.7点でW杯通算31勝目を挙げた。

 その高梨は13-14年シーズン以来2季ぶりの総合優勝を目指す。開幕を前に行われた3日の公式練習では94・5メートル、99メートルとヒルサイズ(100メートル)に迫る大飛躍を披露し、順調な仕上がりをアピールした。

 日本代表本隊とは別に11月上旬に渡欧。フィンランドで雪上合宿を行い開幕に備えてきた。女王の座奪還に向けて抜かりはなさそうだが、不安がないわけではない。

 今季から板に関するルールが変更され、体重によって板の長さを変える必要がある。ベスト体重45キロの高梨は通常220センチの板を使用しているが、シーズン中の体重減に備えて219センチ、218センチと3種類を用意した。昨年の高梨は極端な体重減に悩まされた。極度の疲労や緊張から食欲が減退し、4~5キロ落ちるのは珍しくなかったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る