岩隈ドジャース合意は“吉” 本拠地は好相性、打線も強力

公開日:  更新日:

 日本人ノーヒッターの新天地が決まった。

 マリナーズからFAになっていた岩隈久志(34)が7日(日本時間8日)までにドジャースと合意した。「CBSスポーツ」(電子版)によれば、3年契約で年俸総額4500万ドル(約55億4000万円)。4年目の契約選択権は球団が持つとみられる。

 今オフのドジャースはサイ・ヤング賞右腕のグリンキー(現ダイヤモンドバックス)の引き留めに失敗。エース左腕カーショウに次いで勝ち星を計算できる投手が必要だった。今季までの4年間で通算47勝(25敗)をマークし、今年8月12日のオリオールズ戦で野茂英雄(元ドジャース、レッドソックス他)以来、日本人投手として2人目の無安打無得点試合を達成した岩隈に白羽の矢を立てた。

 現状ではカーショウに続く先発2番手の岩隈。フライで打ち取るタイプだけに、ナ・リーグ西地区を代表する名門球団への移籍は吉と出そうだ。本拠地「ドジャースタジアム」はメジャーでは珍しい左右対称のつくり。左中間、右中間とも117メートルと広く、風は中堅から本塁に向かって吹き、夜になると風に湿気が混じるため、本塁打が出にくく、投手有利の球場として知られる。昨季の球場別本塁打数166本はリーグ9位タイとはいえ、そのうち97本は自軍の打者が放ったものだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る