• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

GPファイナル開幕 羽生結弦がまたもSP世界最高得点を更新

 男子史上初の3連覇に向けて好スタートを切った。

 フィギュアスケートのGPファイナル(スペイン・バルセロナ)は10日(日本時間11日)、男子ショートプログラムを行い、羽生結弦(21)が世界歴代最高を更新する110.95点で首位に立った。11月のNHK杯でマークした106.33点を4点以上上回り、自身の記録を大幅に塗り替えた。

 ショパンの「バラード」に乗せて演技した羽生。ジャンプはNHK杯で披露した以上に切れがあった。冒頭の4回転を成功させると、中盤の4回転コンビネーションも難なく決めるなど、安定した滑りを見せた。

 羽生のほぼ完璧な演技にレフェリーたちもケチのつけようがなかったのだろう。出来栄え評価では3点満点がつき、芸術性などを評価する演技構成点のうち「演技・実行」の部門でも10点満点を記録した。2位のハビエル・フェルナンデス(24、スペイン)に20点近い大差をつけてトップに立った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  3. 3

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  4. 4

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  5. 5

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  6. 6

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  7. 7

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  10. 10

    「安倍3選」を市場は無視…日経平均5日続伸でも“カヤの外”

もっと見る