GPファイナル開幕 羽生結弦がまたもSP世界最高得点を更新

公開日: 更新日:

 男子史上初の3連覇に向けて好スタートを切った。

 フィギュアスケートのGPファイナル(スペイン・バルセロナ)は10日(日本時間11日)、男子ショートプログラムを行い、羽生結弦(21)が世界歴代最高を更新する110.95点で首位に立った。11月のNHK杯でマークした106.33点を4点以上上回り、自身の記録を大幅に塗り替えた。

 ショパンの「バラード」に乗せて演技した羽生。ジャンプはNHK杯で披露した以上に切れがあった。冒頭の4回転を成功させると、中盤の4回転コンビネーションも難なく決めるなど、安定した滑りを見せた。

 羽生のほぼ完璧な演技にレフェリーたちもケチのつけようがなかったのだろう。出来栄え評価では3点満点がつき、芸術性などを評価する演技構成点のうち「演技・実行」の部門でも10点満点を記録した。2位のハビエル・フェルナンデス(24、スペイン)に20点近い大差をつけてトップに立った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  3. 3

    大谷が驚異のパワー増でMLB「抜き打ち検査」の標的に…!

  4. 4

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  5. 5

    二階幹事長「五輪中止」発言の真意 福田元首相秘書が読む

  6. 6

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  7. 7

    今が狙い目!PayPay銀行のキャンペーンで最大4500円ゲット

  8. 8

    大谷の打球速度が話題だが…圧倒的能力が“投げる”の弊害に

  9. 9

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  10. 10

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

もっと見る