敵は超高難度プログラム 羽生が今季強いられる“己との戦い”

公開日: 更新日:

「自分の中では頑張った方だと思う」

 ソチ五輪王者の羽生結弦(20)は、そう言いながらも唇を噛んだ。

 自身の今季GP初戦となったスケートカナダ。前日のSPでまさかの6位発進となった羽生は、逆転を狙ったこの日のフリーでは、後半の1度を含む3度の4回転ジャンプをすべて着氷させた。それでも、最後のジャンプで転倒するなど2位に浮上するのが精いっぱい。2季ぶりの復帰で優勝したライバルのチャンに4.04点差をつけられ、SPとの合計でも11.60点差。後半の4回転で氷に手をつくなど、出来栄え点を伸ばせなかった。

 SPの演技後半に4回転を跳び、フリーでも4回転ジャンプを3本組み込む羽生のプログラムは世界トップクラスの技術に体力も必要とされる超高難度。GPシリーズの前哨戦で今季初戦となった10月のオータム・クラシックのフリーでも、冒頭の4回転トーループで手をつき、後半の4回転ジャンプでは転倒した。

 男子フィギュアは、元世界選手権3連覇のチャンが復帰したとはいえ、昨年の五輪と世界選手権を制し、GPファイナルでも2連覇中の羽生の1強時代。敵はやはり、己との戦いとして挑む超高難度プログラムということになりそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    自閉症児が飛行機で一人旅…隣席の男性の親切に全米が共感

  2. 2

    安倍首相「韓国叩き」大誤算…関連株下落で日本孤立の一途

  3. 3

    脳腫瘍の男児への贈り物と知らず 盗んだ女2人組の涙の謝罪

  4. 4

    96年11.5差逆転された広島OB 巨人の独走止めるヒント伝授

  5. 5

    東北は依然苦戦…安倍首相「応援演説」激戦区は13勝14敗も

  6. 6

    安倍自民が恐れ、大メディアが無視する山本太郎の破壊力

  7. 7

    高年俸の根尾らに食事驕る 広島小園はハングリーが原動力

  8. 8

    チーム内から不満噴出…日ハム栗山監督「長期政権」の弊害

  9. 9

    デラロサも活躍未知数…G“9助っ人に12億円”に他球団が溜息

  10. 10

    東京五輪陸上「日本は世界の笑いモノに」元陸連幹部が警鐘

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る