敵は超高難度プログラム 羽生が今季強いられる“己との戦い”

公開日:  更新日:

「自分の中では頑張った方だと思う」

 ソチ五輪王者の羽生結弦(20)は、そう言いながらも唇を噛んだ。

 自身の今季GP初戦となったスケートカナダ。前日のSPでまさかの6位発進となった羽生は、逆転を狙ったこの日のフリーでは、後半の1度を含む3度の4回転ジャンプをすべて着氷させた。それでも、最後のジャンプで転倒するなど2位に浮上するのが精いっぱい。2季ぶりの復帰で優勝したライバルのチャンに4.04点差をつけられ、SPとの合計でも11.60点差。後半の4回転で氷に手をつくなど、出来栄え点を伸ばせなかった。

 SPの演技後半に4回転を跳び、フリーでも4回転ジャンプを3本組み込む羽生のプログラムは世界トップクラスの技術に体力も必要とされる超高難度。GPシリーズの前哨戦で今季初戦となった10月のオータム・クラシックのフリーでも、冒頭の4回転トーループで手をつき、後半の4回転ジャンプでは転倒した。

 男子フィギュアは、元世界選手権3連覇のチャンが復帰したとはいえ、昨年の五輪と世界選手権を制し、GPファイナルでも2連覇中の羽生の1強時代。敵はやはり、己との戦いとして挑む超高難度プログラムということになりそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る