敵は超高難度プログラム 羽生が今季強いられる“己との戦い”

公開日: 更新日:

「自分の中では頑張った方だと思う」

 ソチ五輪王者の羽生結弦(20)は、そう言いながらも唇を噛んだ。

 自身の今季GP初戦となったスケートカナダ。前日のSPでまさかの6位発進となった羽生は、逆転を狙ったこの日のフリーでは、後半の1度を含む3度の4回転ジャンプをすべて着氷させた。それでも、最後のジャンプで転倒するなど2位に浮上するのが精いっぱい。2季ぶりの復帰で優勝したライバルのチャンに4.04点差をつけられ、SPとの合計でも11.60点差。後半の4回転で氷に手をつくなど、出来栄え点を伸ばせなかった。

 SPの演技後半に4回転を跳び、フリーでも4回転ジャンプを3本組み込む羽生のプログラムは世界トップクラスの技術に体力も必要とされる超高難度。GPシリーズの前哨戦で今季初戦となった10月のオータム・クラシックのフリーでも、冒頭の4回転トーループで手をつき、後半の4回転ジャンプでは転倒した。

 男子フィギュアは、元世界選手権3連覇のチャンが復帰したとはいえ、昨年の五輪と世界選手権を制し、GPファイナルでも2連覇中の羽生の1強時代。敵はやはり、己との戦いとして挑む超高難度プログラムということになりそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    木下優樹菜に第2、第3の男の影「急転引退」狙いと全舞台裏

  3. 3

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  4. 4

    手越祐也の新居家賃200万円問題 ジャニーズ退所で楽勝か

  5. 5

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  6. 6

    元ヤン木下優樹菜の更生を“全方位”で支える藤本の献身ぶり

  7. 7

    小池都知事“地元のお友達”豊島区優遇で新宿区長がブチ切れ

  8. 8

    平野&中島「未満警察」もはやコメディー 敗因は幼い脚本

  9. 9

    打ち切り説「バイキング」に拡大報道…フジは坂上忍と心中

  10. 10

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

もっと見る