短距離女王A・フェリックス リオ2冠達成に追い風

公開日: 更新日:

 国際陸上連盟(IAAF)が2冠達成をお膳立てである。

 来年のリオ五輪で200メートル、400メートルの2種目で金メダルを目指す女子短距離のアリソン・フェリックス(30=米国)の偉業達成を後押しするため、競技スケジュールの変更を検討しているという。14日(日本時間15日)、複数の米メディアが伝えている。

 現行のスケジュールでは、8月15日に女子200メートル予選の1時間15分後に女子400メートル決勝が行われる。ロンドン五輪200メートル金メダルのフェリックスは今年8月の世界選手権(北京)でも2冠を目指したが、身体的負担を考慮して400メートルに専念して初優勝した。リオではフェリックスの負担を軽減するため、米国陸連がIAAFに競技スケジュールの変更を要望したという。

 変更後の日程は近日中にも発表される見込み。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  2. 2

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  3. 3

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

  4. 4

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  5. 5

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  6. 6

    錦戸亮の大誤算…コロナ禍と新人活躍でドラマオファーなし

  7. 7

    「収束後は」って何?くだらないことに税金使うって話だろ

  8. 8

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  9. 9

    東出を見放した渡辺謙の大人の事情 謝罪会見の発言に失望

  10. 10

    世界で猛威のコロナウイルスを商標出願したのはあの人物!

もっと見る