日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

短距離女王A・フェリックス リオ2冠達成に追い風

 国際陸上連盟(IAAF)が2冠達成をお膳立てである。

 来年のリオ五輪で200メートル、400メートルの2種目で金メダルを目指す女子短距離のアリソン・フェリックス(30=米国)の偉業達成を後押しするため、競技スケジュールの変更を検討しているという。14日(日本時間15日)、複数の米メディアが伝えている。

 現行のスケジュールでは、8月15日に女子200メートル予選の1時間15分後に女子400メートル決勝が行われる。ロンドン五輪200メートル金メダルのフェリックスは今年8月の世界選手権(北京)でも2冠を目指したが、身体的負担を考慮して400メートルに専念して初優勝した。リオではフェリックスの負担を軽減するため、米国陸連がIAAFに競技スケジュールの変更を要望したという。

 変更後の日程は近日中にも発表される見込み。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事