短距離女王A・フェリックス リオ2冠達成に追い風

公開日: 更新日:

 国際陸上連盟(IAAF)が2冠達成をお膳立てである。

 来年のリオ五輪で200メートル、400メートルの2種目で金メダルを目指す女子短距離のアリソン・フェリックス(30=米国)の偉業達成を後押しするため、競技スケジュールの変更を検討しているという。14日(日本時間15日)、複数の米メディアが伝えている。

 現行のスケジュールでは、8月15日に女子200メートル予選の1時間15分後に女子400メートル決勝が行われる。ロンドン五輪200メートル金メダルのフェリックスは今年8月の世界選手権(北京)でも2冠を目指したが、身体的負担を考慮して400メートルに専念して初優勝した。リオではフェリックスの負担を軽減するため、米国陸連がIAAFに競技スケジュールの変更を要望したという。

 変更後の日程は近日中にも発表される見込み。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    菅首相にバイデン“塩対応”…五輪は「開催努力」支持どまり

  4. 4

    松山は偉業達成も…ちょっと残念だった日本語優勝スピーチ

  5. 5

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  6. 6

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

  7. 7

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  8. 8

    ダウンタウン浜田雅功がアラ還にして成功した"可愛い戦略"

  9. 9

    日米首脳会談“台湾問題”中国激怒で打撃を受けかねない14社

  10. 10

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

もっと見る