マラソン記録に必要なのはペースメーカーよりアフリカ勢

公開日:  更新日:

 ペースメーカーは邪魔な存在だった。

 リオ五輪の代表選考を兼ねた6日の福岡国際マラソンは、前回覇者のパトリック・マカウ(30・ケニア)が2時間8分18秒で優勝。日本選手は、一般参加の佐々木悟(30)がどうにか2時間9分を切る2時間8分56秒で日本人トップの3位。五輪代表候補に浮上した。市民ランナーの川内優輝(28)は日本人4番手となる2時間12分48秒で8位に終わった。

 気温12.9度、ほぼ無風のコンディションでスタートしたこのレースにも、2時間6分30秒(1キロ3分ペース)の記録を後押しするペースメーカーが25キロまでついた(予定では30キロ)。だが、連覇したマカウは2時間3分38秒、2位のフェレケ(29・エチオピア)も4分台の時計がある。1キロ3分の遅いペースは彼らには合わなかったのだろう。8分台という平凡な記録に終わった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  8. 8

    主力組中心か…アジア杯サウジ戦の予想布陣に釜本氏が疑問

  9. 9

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  10. 10

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

もっと見る