• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

マラソン記録に必要なのはペースメーカーよりアフリカ勢

 ペースメーカーは邪魔な存在だった。

 リオ五輪の代表選考を兼ねた6日の福岡国際マラソンは、前回覇者のパトリック・マカウ(30・ケニア)が2時間8分18秒で優勝。日本選手は、一般参加の佐々木悟(30)がどうにか2時間9分を切る2時間8分56秒で日本人トップの3位。五輪代表候補に浮上した。市民ランナーの川内優輝(28)は日本人4番手となる2時間12分48秒で8位に終わった。

 気温12.9度、ほぼ無風のコンディションでスタートしたこのレースにも、2時間6分30秒(1キロ3分ペース)の記録を後押しするペースメーカーが25キロまでついた(予定では30キロ)。だが、連覇したマカウは2時間3分38秒、2位のフェレケ(29・エチオピア)も4分台の時計がある。1キロ3分の遅いペースは彼らには合わなかったのだろう。8分台という平凡な記録に終わった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  4. 4

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  5. 5

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  6. 6

    「江戸むらさき」磯山良司さんが実家ラーメン店で働くワケ

  7. 7

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  8. 8

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  9. 9

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  10. 10

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

もっと見る